yyy
 ここ1年、日本は景気回復にもがいているが、世界中の人々のあいだで日本のブランド評価は着実に高まっている。 国際的なブランド コンサルティング会社のフューチャーブランドが毎年発表している国別ブランド指標※で、日本は同調査で初めて、世界で最もブランド力の高い国に選ばれた。 この国別ブランド指標は、さまざまな消費財のブランド評価に用いられるのと同様の基準に基づいて、世界各国のブランド認知を数値化したものだ。今年の国別ブランドランキングには、過去のランキングと比べ、少し変化が見られる。その最大の理由は、フューチャーブランドが、評価対象となった75カ国 のどの国にもブランドとしての資格があるわけではないと判断し、同社が定めた「国別ブランド」の評価基準を満たす国を22カ国に絞ったためである。この評 価基準には、ある国が、高品質の製品をつくっているか、生活したり留学したりしたいと思わせるような場所か、質の高いインフラが整っているかなどの認知が 盛り込まれている。(2014/11/27 7:00 日本経済新聞 )
海外の反応をまとめました。




errr



・このランキング史上初めて、日本がトップになった。
商品ブランドの力を評価するのと似たようなガイドラインを使って、世界中の国を洞察した。


・ブランドの定義とは、自分は部屋の中にいないのに、他の人たちが自分の話をすることだ。
この調査は、日本が部屋の中にいないときに、他の者たちが日本のことを何と言っているかを表している。


・同意だが、日本は人口の伸び率が大きく落ち込んでいる。


・↑どうして人口のことなんて気にするの?
少ない方が良いでしょ。


・↑少ない方が良いなんてことはない。
多い方が良いんだよ。
もっと仕事を作り出すことを考えないといけない。
お金をもっと持てるようにね。


・老人が多くて、若者が少ないという事は、社会の不均衡を意味する。
すべてのことに直接的なインパクトを与えることになる。


・外国人は日本で働きたがっているのに、人口の問題を心配している。






・どうやってランキングを作ったか分かる?
結果に困惑している。
ほとんどのトップ商品ブランドは、アメリカと日本なのに、国別ブランドとなると、アメリカはノルウェーよりも下の7位だから。


・記事「国別ブランドの重要な要因には、高品質な製品、観光や留学で訪れたいと思わせる国、良いインフラを持っているといったことも含まれている。
↑つまりボツワナやインドネシアといった国はブランド力の無いということなのか?


・↑俺はそう理解した。
これはブランドの定義を含んだ国別ブランドだからな。


・今年シンガポールで開催された世界ブランド会議で、フューチャーブランドの幹部たちに会った。
彼らは一緒に働くのに素晴らしい人たちだよ。
このレポートは適切で、友人にも推薦出来ると思う。


http://goo.gl/G1f8ENhttp://goo.gl/TAHX9mhttp://goo.gl/sahMCvhttp://goo.gl/9z7iI2http://goo.gl/ZsjkRthttp://goo.gl/iWJkne

follow us in feedly