ttttt
被災地が抱える課題を理解し、解決策を共に考える旅。昨年1月からスタートした「ふくしま復興かけはしツアー」が7回目を迎えている。津波と原発災害の爪 痕が今なお残る相馬市、南相馬市、新地町の福島市相双地区を巡り、復興に取り組む人たちと直にふれあうことで、報道では伝わらない被災地の実相が心に焼き つく。以下略(明日のコミュニティラボ)
海外の反応をまとめました。






・政治家が行くべきツアーだな。


・人が行っても安全なの?
半径20マイル圏内は、線量が高いんじゃなかったっけ?


・俺はパスする。


・俺は行くよ。興味深い。


・良いアイデアがある。
東電の幹部が、小旅行で向かって、片づけるのはどうだ?


・これは冗談だよな?


・日本限定だよ。


・日本人は狂っているな。
チェルノブイリは、30年経った今でも立ち入り禁止だぞ。


・↑実はチェルノブイリもツアーで周れるよ。
でも被ばく線量の制限を受ける。


・↑それは知らなかったな。
いずれにせよ、福島はまだ早すぎる。


・今年の初めごろ、ナショナルジオグラフィックがチェルノブイリの原発観光についての記事を書いていたよ。






・遠慮しておく。
放射線障害は必要ない。


・日本人は、他の人種よりも変わったことをするな。


・俺はカバンに荷物を詰めている。
これはパック旅行なの?


・一緒に行かない?


・本当なのか?
誰が見に行きたいと思うの?


・私は見に行きたい。


・利益は、除染作業に使われると言ってくれ。


http://goo.gl/ulDB9Ihttp://goo.gl/1RVs3O

follow us in feedly