ttgb
【12月8日 AFP】南米アマゾン(Amazon)の熱帯雨林の破壊状況を訴えるために、大蛇アナコンダにのみ込まれてみせると宣言していた米ナチュラリストのポール・ロソリー(Paul Rosolie)氏は、7日に放映された米ディスカバリーチャンネル(Discovery Channel)の番組内で大蛇と対決したが、実際にのみ込まれることはなく、世界の視聴者をがっかりさせた。
海外の反応をまとめました。




ロソリーさんは結局、アナコンダに体を巻かれた段階で、重傷を負うことを恐れて挑戦を中止した。

 世界で最も大きなヘビといわれるアナコンダは通常、獲物を窒息させてからのみ込むため、ロソリーさんの試みはいっそう危険をはらんでいた。そのた め今回、専門家らはロソリーさんが窒息させられないよう、呼吸装置を付けたカーボンファイバー製の特注スーツを製作。外部との通信システムとカメラも搭載 した。

 相手となるアナコンダは全長6メートルの雌で、ペルー領内のアマゾンのジャングルで60日間にわたり野営と移動を繰り返しながら探し回ってみつけたという。

 番組内では、スーツを着用したロソリーさんの体に巻きつき始めたアナコンダが、ロソリーさんのヘルメットの上であごを大きく広げる場面があり、こ のときアナコンダがきつく締め付けてきたので、腕が折れるかと思ったとロソリーさんは語った。「ヘルメットを通してアナコンダのあごを感じた。喉を鳴らす ような音や荒い息遣いが聞こえた」という。

 監視していた番組チームは、ロソリーさんの呼吸が乱れ、心拍数が下がったため心配しながら見守っていたが、ロソリーさん本人がアナコンダの強力な締め付けによるめまいを訴え、助けを求めた。ロソリーさんもアナコンダも無傷だった。

しかし実際にロソリーさんがヘビにのみ込まれることはなかったことから「Eaten Alive」(生きたまま大蛇に食われる)というタイトルの番組に対し、視聴者らは放映直後からソーシャルメディアで批判を始めた。

 またロソリーさんは放映前から、ヘビを傷つけないようチーム全体で細心の注意を払っていると強調していたが、動物保護団体らからは「視聴率稼ぎのためにアナコンダは苦痛を与えられ苦しめられた」と強く非難されている。

 一方、ロソリーさんは、自分が宣言したように生きたまま食べられることはなかったが、アマゾン保護への関心を高めるには番組の衝撃値は重要だと述 べている。この番組に合わせ、アナコンダの生息調査を含めたアマゾン保護のための啓蒙と募金活動を行う基金が立ち上げられている。

 米国で放送された番組は、10日にはフィンランド、デンマーク、ハンガリー、ポーランド、スウェーデンで、さらに12日にはオーストラリアで放映された後、中国やインドでも放映される予定だ。(AFP)
番宣動画

(米)人間がアナコンダに飲み込まれるTV番組を放送へ(海外の反応

実際の放送シーン

ミラー


・なんという無駄。
飲み込まれるのを楽しみにしていたのに。


・テレビって毎日悪くなっていくよな。


・体の半分でもアナコンダに飲み込まれる様子を見られると思った連中は、愚かだよ。
彼らは視聴者を何時間も待たせた挙句、こうやって視聴率を稼ぐんだ。
視聴者が時間を無駄にして、面白くない物を見たと分かるまでね。
誰の勝ちだと思う?


・視聴者の注目を集めるためだけの、本当に愚かで誤解させる試みだよ。


・このチャンネルがこんなことになってしまったことが、もはや哀れだよ。


・2時間を無駄にした。
ディスカバリーよ、お前らの特番は二度と見ない。
この男が出る番組を見ないことは言うまでもない。


・どうしてこんなことをしたんだ?
彼にとっても、アナコンダにとっても、科学にとっても得にならない。


・俺はこの番組を見た奴らがいることに腹が立つ。


・スティーブ・アーウィンが生きていて、これを見たら、どれくらい怒るか想像できるか?


・こういうゴミのおかげで、数か月前にケーブルTVを解約することに何のためらいもなかった。


・↑テレビ業界で成長しているのはスポーツ市場だけだ。
そのおかげでネットワークが生き残っている。


・これほど思わせぶりな物を見たことがなかった。


・実際にこれを見て、何かが起きることを期待していた人たちがいることの方がショック。


・みんな飲み込まれなかったことに怒っているの?
俺は2時間の放送で、番組タイトルに関連があるシーンが最後の10分だけだったことに怒っている。







・もしそこまで視聴率が欲しいなら、これほど酷い番組を作ることを判断したディスカバリーの連中の1人を犠牲にしたらどうだ?


・ちょっと待ってくれ。
飲み込まれた後の計画は何だったの?
どうやって気の毒な蛇を殺さずに脱出するつもりだったの?


・↑正直、彼らはそこまで考えていなかったと思う。


・次のスタントの為の資金が得られると良いな。


・お前らはマーメイドについてのドキュメンタリーを放送するチャンネルに何を期待しているんだ?


・↑そうだな。
ディスカバリーは素晴らしいチャンネルから酷いチャンネルに成り下がった。
子供の頃に見たディスカバリーは素晴らしかった。
大人になった今、視聴率の為にでっち上げの番組を作る彼らに吐き気がする。


・「ビッグフットを探せ!」に怒った人はどれくらいいるのだろう?


・↑何故だ?
発見に近づいたじゃないか。
今に発見の様子を放送してくれるさ。


http://goo.gl/Y37AOyhttp://goo.gl/74MMUJhttp://goo.gl/yoKRTEhttp://goo.gl/dof3OI
(米)人間がアナコンダに飲み込まれるTV番組を放送へ(海外の反応

follow us in feedly