yyj
(CNN)日本や中国の移民を乗せて1901年に座礁し、米サンフランシスコ湾の海底に沈んだ移民船の残骸を3D音波探知機でとらえた画像がこのほど公開された。 「ゴールデンゲートのタイタニック」とも呼ばれる「シティ・オブ・リオデジャネイロ号」は1901年2月22日、現在のゴールデンゲート橋の付近で座礁して間もなく沈没。日本人移民などの乗客乗員210人のうち128人が死亡した。生存者は地元の漁師などに救助された。同船の残骸は1980年に発見されていたものの、正確な沈没地点はこれまで特定できていなかった。米海洋大気局(NOAA)はこの一帯で沈没した難破船を調査する2年がかりのプロジェクトの一環として、シティ・オブ・リオデジャネイロ号が沈んでいる深さ約87メートルの海底を3D音波探知機で調べ、沈没地点の3D地図を作成した。NOAAはほかにも200隻近い沈没船の調査を行っており、シティ・オブ・リオデジャネイロ号の近くでは「シティ・オブ・チェスター号」の残骸が見つかっている。
海外の反応をまとめました。



yyr

yh

jj

uuu


・記事「船は今まで発見されなかった。
↑本当なの?
ゴールデンブリッジの近くに沈んでいるのに?


・タイタニックが作られるよりも前に沈んだのに、どうして「太平洋のタイタニック」になるんだ?


・タイタニック?
酷い比較だな。


・タイタニック?
氷山はどこだよ?


・俺には泥と魚のフンに見える。


・もしかしたら、この技術はワラタを発見するのに役立つかもな。

ワラタ(The SS Waratah)は、1908年に竣工したイギリス船籍、ブルーアンカーライン所属の貨客船。

1909年7月、南アフリカのダーバンからケープタウンに向け航行中、200名を超える乗員乗客と共に消息を絶った。未だに船体はおろか破片すら発見されておらず、謎の失踪を遂げた豪華客船として欧米ではよく知られている。しばしば「オーストラリアのメアリー・セレスト号」と呼ばれることがある。

なお、「ワラタ」とはオーストラリア産の花「Waratah」から取られた名前である。(ウィキペディア)


・これってイルカやクジラに害を与えるソナーと同じ?


・これほど小さな物を写すイメージを作るには、強力なソナーが必要だ。
他の軍事テクノロジー同様に、鯨やイルカの脳にダメージを与える。






・1898年に撮影された写真が好きだ。
この船は米西戦争の際に、カリフォルニアから軍を運んだ。
ttttttt


・つまりマレーシア航空機の残骸を見つけるの100年掛かるということか。


・マレーシア政府に画像を何枚か送ってやれよ。


・こいつらやりすぎだよ。
海底を虹色に染める必要なんてない。

http://goo.gl/CDBDXZhttp://goo.gl/726qnAhttp://goo.gl/kzfdDp

follow us in feedly