yuj
加賀(かが)は、日本海軍の航空母艦。加賀型未完成戦艦を改装した大型空母である。太平洋戦争(大東亜戦争)前半においては日本海軍の主力空母として活躍したが、1942年(昭和17年)6月、ミッドウェー海戦にて沈没した。
海外の反応をまとめました。




・1934年に加賀の大規模な改装工事が始まった。
全通式の一段甲板になり、排煙方式を変え、主砲列が撤去された。


・再び多層の飛行甲板が作られていないことに、少し驚いている。


・↑同じく。
欠点は格納庫のスペースを奪って、着陸を難しくすることだな。


・↑致命的なのは、格納庫のスペースだと思う。
着陸は、普通の着陸より少しも悪いことはないと思う。
一番上の甲板に着陸して、離陸は一番下の甲板からするからね。
着陸と離陸を同時に行えるという大きな利点もある。
そういったことは、あまり頻繁に起きることではないが。


・↑そうだな。
戦闘空中哨戒
で、戦闘機を交代させるときくらいだろう。


航空機の発達が、多層の飛行甲板を作ることを難しくしているように感じる。
複葉機
は、短い距離でも離陸できるくらい軽い。
でも重たい航空機は、十分なスピードを得ることが出来ない。






多層の飛行甲板は、カッコいいけど、現実を見ようぜ。
初期の航空母艦には、不完全なアイデアがたくさん組み込まれていた。


・↑航空母艦の設計の進歩を目にすることは、とても素晴らしい。
これからの100年で、どう変わっていくのだろうか?


・↑航空母艦のコンセプトは、既に完成していると思う。
航空母艦の見た目に改善が施されることは無いと思う。
電磁式カタパルトや遠距離早期警戒線、ネットワークが改善されるだけだと思う。


アメリカ、日本、イギリス以外に空母の発展に大きく貢献した国ってあるか?


・↑ロシアは?


・加賀と
レキシントン級航空母艦のあいのこのような水上戦闘艦を見れるなら、大金を出してもいい。



http://goo.gl/dTwDQd
(1945年)スリガオ海峡海戦でサーチライトに照らされた日本の戦艦(海外の反応)

建造中の戦艦大和の写真(海外の反応)

戦艦大和の上部構造の写真に驚愕する海外の反応

戦後最大の日本の軍艦「いずも」が進水 (海外の反応)

米軍の空襲により横転した日本の航空母艦「天城」の写真(海外の反応)

1944年、日本海軍の空母「瑞鶴」の乗組員達が沈没寸前に甲板で万歳をする写真(海外の反応)

follow us in feedly