ttttt
気象庁は、東太平洋の赤道付近で、海面の水温が高くなる「エルニーニョ現象」が、5年ぶりに発生していると発表した。
気象庁の前田修平エルニーニョ情報管理官は「春先にですね、エルニーニョ現象に至るきっかけはあったんですが、その後、いったん弱まった。再び、最近になって成長してきた」と話した。
エルニーニョ現象とは、東太平洋の赤道付近で、海面水温が半年以上続けて、平年より0.5度以上高くなる現象で、発生すると、世界的に異常気象を引き起こす可能性があるとされている。
気象庁の10日の監視速報では、海面水温の観測から、「エルニーニョ現象は夏から発生していたと考えられ、冬の間は続く可能性が高い」と発表した。
現時点では、小規模なものとみられるという。
気象庁は、これにより、「冬型の気圧配置が弱まり、暖冬になりやすい傾向がある」とみている。
エルニーニョ現象の発生は、2009年以来、5年ぶりとなる。(FNN)
海外の反応をまとめました。




・つまりカリフォルニアでは雨が降るということか?
南米沖で海水が蒸発して、それが我々の方に向かってくるんだよな?


・これでも喰らえ!干ばつ!


・海が温かければ、エルニーニョはこれから頻繁に起きるだろう。


・もしこれが本当にエルニーニョ・南方振動ならば、今年は記録的な気温を残して、来年はさらにそれを破るだろう。


・どうして少しくらい気温が上昇するエルニーニョにこだわるんだ?
人間の作り出した温室効果ガスとは関係ないだろ。


・こういうのは、すごく嬉しい。
テキサス中に雨が必要だから。


・良かった。
湖はずっと干上がっているから。


・今回のエルニーニョは、2013年の11月から予測されていた。


・何も言わないよりは、弱いエルニーニョが起きていると言った方が良いと思う。


・カリフォルニアでは、大雨が降っている。
エルニーニョの特徴だよな。


・南カリフォルニア在住だが、12月は雨が多くなりそうだ。






http://goo.gl/XJeFTjhttp://goo.gl/jhwZ6Khttp://goo.gl/UOQ6xchttp://goo.gl/ZzGbL4http://goo.gl/5qk8GPhttp://goo.gl/4AJovEhttp://goo.gl/ZzGbL4

follow us in feedly