y
ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント(SPE)が12月25日(現地時間)に予定していた映画「The Interview」の公開を中止したと、米Business Insiderをはじめとする複数のメディアが17日、SPEの声明に基づいて報じた。

 この映画は、北朝鮮の最高指導者、金正恩(キム・ジョンウン)第1書記の暗殺計画を題材としたパロディで、全米の主要映画館でクリスマスに公開される予定だった。(ITmedia)

海外の反応をまとめました。




映画公開中止は、11月末に発覚したSPEへの大規模サイバー攻撃に端を発する。

 この攻撃は、「Guardians of Peace」(GOP)を名乗る集団によるものとみられており、既にSPEの未公開映画やCEOのメールコンテンツなどがネット上に流出している。

 GOP(とみられる集団)は16日、The Interviewの公開中止を迫る新たな警告メールを送ったとみられる。米Pastbinな どにペーストされたメール(現在は削除されている)によると、映画が公開されれば、「世界は恐怖に包まれるだろう。2001年の9月(911)を思い出 せ。当日は上映館に近づかない方がいい。(中略)何が起ころうとも、それはSPEの貪欲が生んだことだ」と書かれている。

 これを受けて25日に映画の上映を予定していた米国の主な映画館ネットワークが上映中止を発表し、SPEもそれに続いた形だ。

 Business Insiderの記事には、SPEからの声明文とGOPからとみられる警告文の両方が転載されている。(ITmedia)



・意気地なしばかりだな。


・アメリカがハッカーたちのつまらない発言に屈服する日が来るとは・・・。


・度胸の無い奴らだ。
テロリストの勝ちだな。


・アメリカは、テロリストとは交渉しないと思っていた。


・アメリカはテロリストとは交渉しない。
でもエンタメ産業は交渉する。


・みんな、これはハリウッドだからな。


・この映画を楽しみにしていたのに。
他の映画を探すかな。


・マーケティングだろ。


・映画の公開中止が一番だと思う。
我々の表現の自由が、他国の思想を侵害してはいけない。


・ネット上で、無料公開しろよ。


・3年経ったら、誰もこの映画のことは憶えていない。


・ソニーと映画館は恥を知れ。


・どうやら北朝鮮の勝ちのようだな。


・これほどアメリカ的でな決定を初めて聞いた。






・これの件に対して不満を言う連中は、拷問の報告書の公開について不満を言っていた連中と同じだ。
全裸で監禁・水責め・直腸から栄養・・・CIAの拷問の実態が明らかに(海外の反応)


代わりに「チーム★アメリカ/ワールドポリス」を上映しろ。


・ソニーって日本の企業じゃないの?


・↑そうだよ。でもソニー・ピクチャーズはアメリカ企業だ。


・DVDでリリースしろよ。


・見に行こうと思っていたのに。ガッカリ。


・いずれにせよ、映画のアイデアとしてはくだらない。


・もしかしたら、
宣伝目的の派手な計画かもしれないぞ。
誰にも分からないだろ。


・俺はこの映画をまだ見てないのに、笑っているぞ。


・クリスマスに上映開始することを伝える予告編は、いまだに流れているぞ。(笑)





http://goo.gl/KokUjthttp://goo.gl/Yfwtthhttp://goo.gl/STnzz9http://goo.gl/TynwXyhttp://goo.gl/EjeucJhttp://goo.gl/FmLLQH
金正恩の暗殺をテーマとした米コメディ映画に北朝鮮が激怒(海外の反応)

「アンジーには才能がない」ソニー・ピクチャーズ会長のメールがリーク→イベントで2人が遭遇(海外の反応)

follow us in feedly