eerrrrrr
※上京前のフルベッキと致遠館の塾生(フルベッキ群像写真)(上野彦馬撮影)。この写真は昭和48年に島田高資によって、幕末の志士たちの集合写真であるという説が唱えられるようになったが、明治元年から明治二年に撮影されたと見られている。(ウィキペディア)
海外の反応をまとめました。




グイド・ヘルマン・フリドリン・フェルベックGuido Herman Fridolin Verbeck、あるいはVerbeek、1830年1月23日 - 1898年3月10日)は、オランダ出身で、アメリカ合衆国に移民し、日本に宣教師として派遣され活躍した法学者・神学者、宣教師。

日本では発音されやすいようフルベッキと名乗り、現在に至るまでこのように表記されている。(ウィキペディア)


・オランダ人の男を見つけるのに、2分掛かった。
素晴らしい写真だけどね。


・↑特別ヒント:一人しかいない。


・あの刀の数々は、今現在どのくらいの価値があるのだろう?


・面白いトリビア:フルベッキのひ孫は、俺の母校の北テキサス大学で、化学の教授をしている。


・彼はShōgun のインスピレーションになった人だよね?
小学2年の時に、あの本が大好きだった。
いつかもう一度読もう。


・↑いいや、この男だよ。
ウィリアム・アダムス(英: William Adams, 1564年9月24日 - 1620年5月16日(元和6年4月24日))は、江戸時代初期に徳川家康に外交顧問として仕えたイングランド人航海士・水先案内人・貿易家。三浦 按針(みうら あんじん)の日本名でも知られる。(ウィキペディア)

・サムライチャンプルーのエピソードを思い出すな。


・↑野球の試合か?


・↑いいや、大食い大会の放送回「赤毛異人」だ。
日本人のふりをするゲイのオランダ人が出て来る。


・なんだか、多くの人たちが口の中に何かを入れているように見える。


・↑俺もそれに気づいたよ。
それと多くの人たちが浅黒い。


・↑もしかしたら、ああいう口の閉じ方だったのかもね。
当時のサムライにとって、適切な顔の表情みたいなものがあったのだろうか?


・フルベッキの日常生活が、どんな感じだったか知っている人いる?
彼は唯一の西洋人だったのか?
それとも、西洋人は少しはいたのか?
こういうのって面白いと思う。






悲しいの?怒っているの?


・みんなが同じ表情をしていることを気に入った。


・全員がふくれっ面なのが奇妙。


・↑最前列の右端以外ね!


・フルベッキの娘も怖い表情をしようとしている所がいいね。


・日本では、写真撮影の時に笑わなかったんだよね?


・↑19世紀に撮られた写真は、みんなそうなんだよ。


・↑それは事実ではない。
eeff


・↑いつでも例外はある。


・当時は写真を撮影するのに時間がかかった。
だからほとんどの人たちは笑わなかった。
だって3分間も作り笑いをしないといけないから。





・この写真の背景をもっと知りたいな。
有名な侍がいるの?
当時、日本で写真は珍しかったの?


・↑彼らは実はかなり有名だよ。
坂本龍馬・西郷隆盛・勝海舟・桂小五郎・中岡慎太郎がいる。
この写真は長崎で撮影された。
日本の歴史家の間では、偽物ではないかと長い間議論されている。
なぜなら彼らは政治のことで敵対していた、いわば敵だからね。
今の総意では、本物とされている。
フルベッキは、英語・経済学・政治学を教えていた。
生徒の中には、後に総理大臣になる伊藤博文もいた。


・グイド・ヘルマン・フリドリン・フェルベック(1830年1月23日 - 1898年3月10日)は、日本の幕末期・明治時代に活躍したオランダ人の政治顧問・教育者・宣教師だった。
彼は1890年にアメリカに戻ろうとしたが、彼はアメリカ政府によって拒否された。
オランダ国籍であることを証明できず、以前アメリカに住んでいたことを元に申請した帰化も却下された。
日本政府は彼の永住権を認めて、パスポートを発行した。
戦国時代の日本に黒人の侍がいたらしい(海外の反応)

ちょっとワルそうでカッコいい5人のサムライの写真を見た海外の反応

(1869年)鎖帷子を着て長刀を持つ日本人の写真を見た海外の反応(海外の反応)

侍の鎧マニアの俺が111年前に撮った自分の写真を見つけた。呑兵衛だから覚えていないが間違いなく俺だ。

http://goo.gl/0w6SyL

follow us in feedly