wwew
ワキ毛をカラフルにする女子が急増中!
「エステに通って、ワキをつるつるにしたい」
日本では、そんな風に思っている女性が多いはず。女性にとって、ワキ毛は「邪魔なもの」なのです。
しかしそんな常識をひっくり返す、斬新オシャレがアメリカで流行しているんだそう。
なんと!ワキ毛のカラーリング!!(withnews)
海外の反応をまとめました。







髪の毛とおそろいにしたり
仲の良い友達と一緒に染めたり

いろいろなスタイルがありますが、とことんカラフルにするのが主流のようです。
それにしても、派手!
 ただの”奇行”と思うなかれ。
あの英ガーディアン紙も電子版で、この現象を紹介。
「"ワキの下"はポップカルチャーの一部になってきている」と分析しました。
ブームのきっかけは、美容師のブログ

このブームの火付け役がシアトルのヘアサロンで働く美容師ロクシー・ハント(Roxie Hunt)さん。
ブームのきっかけは10月上旬に投稿したブログ。ハントさんに聞いてみました。
 
「お客さんのワキを明るいブルーに染めた様子を投稿したら、3万件以上シェアされたの」
  
これをきっかけに、「ワキ毛に自由を運動(The Free Your Pits Movement)」を立ち上げ、ワキ毛のカラーリング写真を投稿し続けたところ大反響が。

脇毛をカラーリングすることに対して、熱い想いを抱くハントさん。
この現象を「異常だ」と批判された際に、ブログ上で「私は1人の女性として、いわゆる『異常』なことを選ぶ自由を行使したのよ」と語っています。

「わたしが伝えたいことはひとつなの。世界中の女子に自信を持ってほしいの。『キレイ』とか『カワイイ』って、誰が決めるの?自分じゃない!みんなプライドを持って、ワキ毛を生やして染めてほしいわ!」

そして最後に、「日本の女の子たちも、自分の『スタイル』に自信を持ってね!ワキ毛を染めるのは…最高よ!」と、熱いメッセージをくれました。(withnews)

wr


・嘘はつけない。
可愛いと思った。


・これぞ本当に「やっちまった」という感じだな。


・みんなこの流行についていくべき!


・記事を読み終えることさえしなかったよ。
馬鹿げている。


・何をしようが彼女の自由。
彼女の体だからね。


・これはカッコいいな。


・ええ?!ありえない!


・正気か?
吐きそうになった。


・何故なんだ?


・これを読んで、自分も年を取ったと思った。


・ワキ毛は剃るべきだとは言わない。
でもこれは酷いな。


・写真を見て笑った。






・わき毛を染める女性には、決して出会えないと思う。
すごく残念。


・でも黒いワキ毛だと、青や緑に染める前に脱色しないといけないの?


・頼むから、わき毛は剃り続けてくれよ。


・わき毛を染めることに、何が問題あるの?


・女性のタトゥーよりはマシだと思う。


・流行の被害者だな。


・人類の歴史上、最悪な流行だよ。

http://goo.gl/95yG9Shttp://goo.gl/qFCi3mhttp://goo.gl/E7V0BPhttp://goo.gl/1eJivihttp://goo.gl/0Yv3G8http://goo.gl/6munpq

follow us in feedly