errr
米国の約3億年前の地層から発掘された絶滅魚アカントーデスの化石の目には色を識別する細胞があったと、日本と英国の研究チームが24日、英科学誌ネイチャーコミュニケーションズ電子版に発表する。(朝日新聞)
海外の反応をまとめました。



 研究チームによると、脊椎(せきつい)動物の化石からこれらの細胞が見つかるのは初めてという。当時の脊椎動物が周囲をどう見ていたのかはわかっていなかった。
 アカントーデスは最大で体長30センチほどで、汽水の極めて浅い水域に生息していたと考えられている。恐竜が出現した2億5千万年くらい前に絶滅した。研究チームが、米カンザス州で発掘された化石の目の部分を分析し、色を識別する細胞と、明暗を識別する細胞を発見した。
 このほか、光を調整して昼はまぶしすぎず夜は光を取り込みやすくする物質ユーメラニンも見つかった。ユーメラニンの確認はこれまで2億年前が最古だったが、さらに1億年さかのぼることになった。
 チームの田中源吾・熊本大特任准教授は「この魚は昼間に活動し、世界をカラーで見ていたと思われる」と話す。今回の発見についてチームは「恐竜やマンモスなどが世界をどのように見ていたのかを探る手がかりになる」としている。(朝日新聞)


・つまり動物の方が、人類よりも長くカラーで物を見てきたということか。
興味深い発覚だね。


・テクノロジーと特に保存状態の良い化石が、地球上の進化の歴史のパズルの1ピースを明らかにすることが面白いね。


・待ってくれ。
創造論説者たちは、神だけが目を設計することが出来る、と言っていたと思ったが。


・しー、静かに。
創造論説者たちには言うなよ。
彼らは科学嫌いで、神話を選択した。


・神の仕業ではないという証拠だな。
人間が神を作り出したのは、もっとずっと後だから。


・人間が見ることが出来ない色ってどれくらいあるの?


・地球上の生物って、一体どのくらいの間、目が見えなかったのだろうか?


・色覚のおかげで、世界中の医療・薬業界よりも、売り上げの大きい化粧業界が生まれた。






・どうしてノア船長は、この魚を箱舟に乗せなかったの?


・良くやった、科学者たち。
目の進化は、面白いトピックだ。
オリジナルの論文が無料だと良いのだが。
少し待たなければいけないようだな。


・新しいツールのおかげで、古代の遺産を分析出来るなんて素晴らしいね。
3億年前の化石の細胞を見分けることが出来るなんて。
さらなる発見を期待している。


・その魚たちは、カラーで物を見ることが出来た。
つまり、レイシズムの始まりということか?

http://goo.gl/Bwe9Iphttp://goo.gl/GZPwtV
世界一黒い物質をイギリスの企業が開発(海外の反応)

follow us in feedly