ger
政府は27日、地方に安倍政権の経済政策「アベノミクス」の効果を広げることを目指し、3兆5000億円規模の経済対策を閣議決定した。消費喚起と地域活性化の方策が柱だ。政府は今回の対策について、実質GDP(国内総生産)を0.7%程度押し上げる効果を見込む。麻生太郎財務相は、経済対策を決めた臨時閣議後の記者会見で「個人消費のてこ入れと地方経済を底上げする力強い対策だ」と強調。甘利明経済財政担当相も「財政再建をしっかり視野に入れながら対策を打っていく」と語った。4月の消費税率8%への引き上げにより、増税前の駆け込み需要の反動減が生じた日本経済は、7~9月期の実質GDP改定値が年率換算で前期比1.9%減に落ち込むなど回復の足取りは鈍く、景気後退も懸念されている。  政府はGDPの6割程度を占める消費に直接働き掛けることを重視し、「地域住民生活等緊急支援交付金」(4200億円)を創設。同交付金は使途別に2種類 に分かれる。「地域消費喚起・生活支援型」(2500億円)は地方自治体や商店街が発行する商品券などへ助成する。「地方創生先行型」(1700億円)は 政府の地方創生総合戦略に沿った自治体の少子化対策などを支援する内容だ。(時事通信)
海外の反応をまとめました。




環境に配慮した住宅の新築や改築にポイントを付与し、商品などと交換できるようにする「住宅エコポイント」の復活なども打ち出し、消費税増税に直撃された住宅市場の活性化を狙う。 円安やそれに伴うエネルギー価格変動の影響を受けやすい中小企業にも配慮。資金繰り対策のほか、省エネ技術導入に対する補助、運送業者の燃料費対策などを 盛り込んだ。米価下落への対策など農林水産業者への支援も行う。自然災害などで被災した学校などの復旧や東日本大震災の復興も加速する。 政府は、対策の裏付けとなる2014年度補正予算案(3兆1000億円規模)を15年1月9日に閣議決定し、同月下旬召集見込みの通常国会に提出する。菅義偉官房長官は、補正予算の財源について「税収の自然増などを活用することによって、(追加の)国債発行は行わない」と表明した。政府は補正予算の編成に当たり、14年度当初予算で計画していた新規国債の発行額(41兆2500億円)を7500億円減額する方針。 [時事通信]


・日本は90年代前半から、景気後退から抜け出そうと、こういった方法で金を使おうとしているが、いまだに上手くいっていない。


・商品券を配るなんて、まるで共産主義みたいだな。
食糧の無料配給の列に並べ。


・どうやらアメリカでは上手くいかなかったことを知らないようだな。


・日本経済を刺激するには、中国と良い関係を持って、たくさん中国で商品を売ることだ。でもこの数十年の間に、どうして日本車と日本製品は、中国でのシェアを失ってしまったんだ?


・ウォール街式の内破がまた起きるな。
もっとアニメとテレビゲームを作るんだ。


・↑馬鹿げているように聞こえるが、本当の問題に切り込んでいる。日本はもっと輸出する必要がある。


・3.5兆円では十分ではない。






・前回は上手くいかなかったから、もう一度やろう!


・↑日本が抱える2大問題の一つが、20年に及ぶデフレだ。
一時的に景気の後押しになる。
他に日本の消費者に金を使わせる方法があるか?


・↑子供を持つことだ。たくさん持つこと。


・↑働きすぎで忙しい。
女性たちは働いている、つまり子供の数は減る。
移民を受け入れることも出来るが、彼らは移民を嫌う。


・3.5兆円ではピーナッツ業界の景気を押し上げることも出来ない。


・日本はジンバブエみたいになってしまったな。
日本国債の10年最長期国債利回りが、0%近くなんてありえるか?


・失われた世紀がやってきた。




http://goo.gl/T4qtwWhttp://goo.gl/jXeEnvhttp://goo.gl/2F9rGw

follow us in feedly