rtt

海外の反応をまとめました。


六甲山遭難:男性24日ぶり救助 焼き肉たれで飢えしのぎ


 神戸市の六甲山中で10月に行方不明になり、24日ぶりに救助され た兵庫県西宮市職員、打越三敬(みつたか)さん(35)が上司に「焼き肉のたれを口にしながら、ペットボトルの水などを飲んで飢えをしのいだ」などと生還 までの状況を説明した。発見時は意識もうろうの状態で、現在も入院中だが、順調に回復しているという。

 打越さんは10月7日、同僚らと六甲山へバーベキューに出かけた。下山の際、1人だけケーブルカーに乗らず、「歩いて帰る」と言って同僚と別れた後、消息を絶った。同31日に六甲ケーブル山上駅の北東約500メートルの山中で登山者に発見された。

  面会した上司によると、打越さんは下山道の入り口を探している途中に迷い、沢に転落。骨盤を骨折し、動けなくなったため、その場でずっと救助を待ってい た。バーベキューで使った市販の焼き肉のたれが半分ほど残っており、少しずつなめて生き延びた。携帯電話は水にぬれて使えなかった。打越さんは「多くの方 にご迷惑をかけて申し訳ない。なるべく早く仕事に復帰したい」などと話したという。【生野由佳】

(2006年12月12日 毎日新聞)
神戸市灘区の六甲山中で10月、行方不明になった兵庫県西宮市職員、打越三敬(みつたか)さん(35)が24日後に発見、保護され、19日、神戸市内の病院を退院した。
 遭難数日後に意識を失い、体温が22度まで低下して脳が冬眠するような状態となり、脳組織が壊されなかったことが、幸いしたという。担当医らは「まさに奇跡の生還」と驚いている。打越さんは20日、職場復帰した。
 打越さんは10月7日、同僚らと山頂でバーベキューをした後、六甲ケーブル「六甲山上駅」で同僚らと別れ、歩いて下山したまま行方不明に。同31日、山中で倒れているところを、環境調査中の男性に発見された。
 病院で記者会見した打越さんによると、下山中にがけから足を踏み外し、約10メートル滑落して骨盤を骨折した。遭難3日目ごろに意識が遠のいたという。打越さんは「助けてくださった方々に感謝しています」と語った。
(2006年12月20日12時45分 読売新聞)
qw


・一体どんな奴が、自分で冬眠することを決めることが出来るんだ?


・↑明らかにこの男だ。


・↑熊。


・↑日本人は、決心したことは何でも出来る。
彼らの決意は比類ない。


・彼はあまり幸せそうじゃないな。


・この男は、冬眠前にトゥインキー(スポンジケーキ)をお腹いっぱい食べたのだろうか?


・AKIRAの中に出てきた子供の一人が、大人になったような顔をしているな。


・記事「彼は入院中に、意識を失う前にペットボトルの水とバーベキューソースをすすったと語った。」
↑そのバーベキューソースが彼の命を救った。


・↑ピリッとした味がする。
温かければ3週間生き延びることが出来る。


・Sweet Baby Rayのバーベキューソースで、また命が救われた。






・カナダにいるカエルのことを聞いたことがあるだろ。
彼らは半年間固まる。
春が近づくと生き返る。
カナダのどこか忘れたが。


・↑ケベックに決まっている。


・まるでバセットハウンドみたいだね。


・友人の一人が中米の海岸で、先端の尖った海の生物を踏んだ後、5~6日間眠ったそうだ。
彼は毎日、水を飲むのに十分なくらいは目を覚ますことが出来たそうだ。
たぶ毒で説明できると思うが。


・意識的に冬眠状態になって、代謝を劇的に減らすことが出来る人っているの?
完全な冬眠状態と見なされるくらいに代謝を減らせる僧や瞑想する者がいるという研究を読んだ記憶がある。


http://goo.gl/TAmlcEhttp://goo.gl/mWyZH4http://goo.gl/peLJDp

follow us in feedly