eg
風光明媚なドライブルートとして有名な「MAZDAターンパイク箱根」。先月中旬、紅葉シーズン真っ盛りの最中、とんでもないイベントが開催されていた。
この日行われた「MHヒルクライム」は、日本では初となる公道を使った高速ヒルクライム。 モーターカルチャー誌の「モーターヘッド」がなんと13.782kmに及ぶターンパイク箱根の小田原本線を丸1日通行止め(占有)にして開催したのだ。国 土交通省の許認可を得て、道路交通法は一切適用外。通常は対面通行となる2車線分の道幅をフルに跨いだ走行を可能とし、もちろん速度は無制限!(ライブドア)
海外の反応をまとめました。




tr

「MH ヒルクライム」の2日前にスーパーGTの最終戦に出走した、現役バリバリのGT300マシンがなぜか箱根の山にいる。その横にはD1GPを戦う 1000psのドリフトマシン。他にもラリーカー、ニュルブルクリンク24時間レース参戦車、往年のル・マンを戦ったクラシックレーサー、そして国内最高 峰のチューンドマシンの姿も。

MAZDAターンパイク箱根は有料道路とはいえれっきとした「公道」である。なぜ、こんな場所にこれほどバラエティに富んだ顔ぶれの「スピードマシン」たちが勢揃いしているのだろうか? そもそもレーシングカーやドリフトマシンにはナンバーすら付いていないじゃないか。

4.5km地点の御所ノ入パーキングに設置されたスタート地点から12km地点のゴールまでの標高差516m、距離7.5kmのハイスピードワインディングを、冒頭のスピードマシンたちが全開で駆け上がっていく。

ド ライバーも2014年のGT300チャンピオン、谷口信輝、2004年ル・マン総合優勝の荒聖治、2007年、2013年のD1チャンピオンの川畑真人、 2005年、2007年のPCWRCチャンピオンの新井敏弘、ニュルブルクリンク24時間レースに参戦するSTIチームの監督にして元スバルのトップガン (開発ドライバー)の辰己英治と豪華な面々が務める。

極めつけは、地上から100mの高さにある「ほおずき橋」での全開ドリフト。マシン は1000馬力を誇るTOYO TRUST RACINGのグレッディR35RX。5速全開200km/hオーバーでの超高速ドリフト。目一杯のタイヤスモークを巻き上げていくその光景には、「ここ が日本の公道か!?」と思わず目を疑かったという。

今回参加したドライバーは皆、最初は「これは危険過ぎる」と難色を示した部分もあったが、走行後は誰もが「楽しかった」「新たな発見があった」と笑顔になっていたのがとても印象的だった。


■クルマを愛しスピードを愛する以上、死に直結するリスクも含め、その先に広がる様々な可能性まで正しく伝えたかった。



今回のイベントについて「モーターヘッド」誌の編集長・高田興平氏はこう語る。

「日 本には素晴らしい道がある。そして最高のスピードマシンとドライバーも揃っている。現代の価値観・倫理観では公道でスピードと向き合うことが難しくなった 今、ならばきちんと手続きを踏んで公道を占有し、安全対策も図った上で、改めて公道で正しくスピードと向き合ってみたいと思った。ヨーロッパのようにス ピードを文化として捉える事が、日本にも必要だと思った。

クルマを愛し、スピードを愛する以上、それをより多くの人に死に直結するリスクも含め、正しく知ってもらうこと、その先に広がる様々な可能性までを、まずは頂点に位置するスピードマシンとドライバーに全開で走ってもらうことで、正しく伝えたかった。

こ れまで誰もが『ターンパイクを占有して全開走行なんて無理!』と、トライする前に諦めてしまっていた部分を、ボクはダメもとでいいからやってみようとアク ションを起こしてみた。そしたら、思っていたよりも早くトビラが開いた。こんなリスキーなことを許してくれた箱根ターンパイク株式会社には心から感謝と敬 意を表したい。

箱根でのスピードの迫力を知ってもらうためにスペシャルPVを制作し、よりリアルなレポートやタイム・車速・最大Gなどの データは12/26発売のモーターヘッド14号誌面で50ページに渡って特集を掲載した。2015年以降も第2回、第3回と発展させていきたい。欧米のよ うに、サーキット以外の、より普段の生活に繋がった道でも質の高いスピードと向き合い触れ合える場を育てていきたい」(ライブドア)

・少なくとも5回見た。
アドレナリンでまくり。


・頭文字D?


・上り坂でドリフト。


・橋の上でドリフト。
ノーサンキューだ。
プロに任せておく。


・これは凄い。
シェアしてくれてありがとう。


・カッコいい。


・あの道のことを知っている、本当に難しいぞ。
あの男は狂っている。


・みんな、絶対にこの動画を見るべきだ。
今までに見たレーシング動画の中でベストの一つだ。


・日本の山の中の道って、立派だよな。
いくつかの点で、イタリアの山道と似ているよ。


・あの音・・・鳥肌が立った。






・Z4は素晴らしいな。


・あのGTRを見た時、泣きそうになった。
あのカーブをドリフトした時に、ショック状態に陥って全身に鳥肌が立ったよ。
すげえよ。


・音楽無しの方が良いんじゃないかな。


・R35があのようなドリフトを見せるなんて、今まで予想したこともなかった。


・頭文字Dの中で、涼介が凛とこの場所で対決した。


・夢の中で生きているようだ。


・GTRがドリフトする映像をもっとくれ!

http://goo.gl/MPCIWMhttp://goo.gl/4Yyttahttp://goo.gl/6KMIsKhttp://goo.gl/BVfrgS
進撃のスバル!実写版進撃の巨人と日本の人気SUVのコラボCMを見た海外の反応

follow us in feedly