ettt
※一番左がミワ氏
日本から遠く離れたシカゴの地で、日本人シェフがサムライ魂を見せつけた。

武装した強盗が来店「金をよこせ」

12月30日の午後7:20。ミワ・テツジ氏が勤めるレストラン”Kamakura”に、武装した強盗が現れた。そして17歳のレジ担当者に拳銃を向け、「金をよこせ。レジを開けろ」と要求。その時、ミワ氏が動いた。(IRORIO)

海外の反応をまとめました。




包丁で強盗を撃退

レジ担当者の顔に恐怖が浮かぶのを見たミワ氏は、包丁を手に犯人に近づき、犯人の肩に手をまわした。包丁を見た犯人は店から逃走。

犯人にとって最悪なことに、ここで事件は終わらなかった。

逃げた強盗を捕まえ、「俺に包丁を使わせるな」

逃げた強盗を、包丁を手にしたミワ氏と数人の同僚が追いかけ、地面に組み伏せた。そしてミワ氏は犯人に、「Don’t make me use this.(俺に包丁を使わせるな)」と言ったという。

そしてアシスタント・マネージャーの Joe Pendzialek氏が、持ってきたイスで犯人を殴り、御用となった。

捕まった23歳の犯人は、加重強盗未遂と脅迫、加重暴行未遂の罪で告発されている。

「高価な包丁なので使いたくなかった」

犯人逮捕の立役者であるミワ氏は、事件を振り返りChicago Tribune紙にこう語っている。「高価な包丁なので痛めたくなかったし、使いたくなかった」

満足度80%を誇るレストラン

事件の舞台となったKamakuraは、Yelpやトリップアドバイザーなどの口コミサイトで軒並み満足度80%を超える人気店だ。
「寿司ネタがシカゴで最も新鮮」、「シェフもみんなフレンドリーだ」など、食事だけではなくサービス面でも満足度は高い。(IRORIO)



・素晴らしい。(笑)


・良くやった、シェフ!


・カッコいいな。


・良かったね。
この一件が、これから強盗に入ろうと思う奴らへの抑止力になるといいな。


・ハハハ、素晴らしい話だ。
強盗もこんなことになるとは思わなかったろうな。


・ミワ氏「誰に対しても、自分の包丁を使いたくなかった。良い包丁だから。
この男のことを気に入った。


・ミワ氏「俺にこの包丁を使わせるな。
真の寿司職人のように話したね、ハハハ。


・↑ミワ氏「刃を傷めたくなかった。
一流だ。


・銃を売る店に強盗に入るのと、同じくらい悪いアイデアだな。


・愚かな男だ。
捕まって良かったよ。






・良い結果に終わって良かった。
銃が本物で、怪我をしたり、最悪の事態になっていたかもしれない。


・このレストランが狙われたことを気の毒に思う。
でも従業員のことを褒めたいね。


・包丁が傷まなくて本当に良かった。


・銃撃戦の際には、こういう男が味方にいて欲しい。


シェフが45口径を持っていなくて残念。
強盗を二度と起き上がれなくすることが出来たのに。


http://goo.gl/qYPefxhttp://goo.gl/8X63WOhttp://goo.gl/22vudQhttp://goo.gl/I1Gp4Rhttp://goo.gl/U8qYO6http://goo.gl/PY8hts
(米)店主に銃を突きつける強盗「金を出せ」→ 強盗の顔に銃を突きつけ返す店主 (海外の反応)

店に押し入った拳銃強盗の腕に噛みつく店主の犬(海外の反応)


follow us in feedly