1234
【1月6日 AFP】韓国で食用として育てられていた犬23匹が、今週から米国でペットとして新たな生活を始める。その第一陣が5日、米首都ワシントン(Washington D.C.)に近いバージニア(Virginia)州アレクサンドリア(Alexandria)に到着した。
海外の反応をまとめました。


この「移住」は、東アジアの犬肉食に反対する動物愛護団体らの運動の一環。ワシントンに拠点を置く国際人道協会(Humane Society International、HSI)が、韓国の首都ソウル(Seoul)北西に位置する一山(Ilsan)で発見した食用犬の養犬場に掛け合い、犬を手放すことを承諾させた。

 犬たちはアレクサンドリアにある動物福祉同盟(Animal Welfare League)に落ち着き、これからペットとして引き取られていく。個人的にも犬好きだという韓国の養犬場主は補償金を受け取り、これからはブルーベリーを栽培するという。

 HSIではこれまで中国やフィリピン、タイ、ベトナムの現地団体などとともに犬肉売買に反対する活動を展開してきたが「需要があるために実際に犬 を食用として飼育している韓国のような例はまれ」だという。また韓国で食用として飼育されていた犬が救出され、米国へ渡るのも初めて。韓国では年間120 万から200万匹の犬が食用として消費されており、犬肉を供給する養犬場は「少なくとも数百件はある」とHSIでは説明している。(c)AFP

hf


・こういう酷い養犬場が、もっと閉鎖されることを祈ろう。


・俺たちは、豚たちに新しい生活を与える為に、どこに彼らを送れば良いのだろう?


・アメリカで食用に育てられた牛が、インドで新しい生活を始める。


・意図は素晴らしいと思うのだが、地下室に溢れた水からコップ一杯分だけすくいあげるようなものだ。
何の手助けになるんだ?


・需要を満たすために、犬肉を輸出するビジネスを始めることにする。
アメリカでは、毎年何百万匹の犬が殺処分されるからね。


私は犬と猫を飼っているが、こういうニュースを聞くと、世界中で犬食が禁止になる前に、犬を食べてみたくなる。


・このニュースのおかげで良い一日になった。


・時間の無駄だ。
犬は美味しいと賭けてもいい。


・犬を食べることの何が悪いんだ?
牛や豚がペットの国だってある。
それなのに、我々はガツガツ食べるだろ。


・韓国の文化は、ひねくれているね。
中国の文化と同じだ。


・アメリカの文化帝国主義の一例だよ。
真面目な話、自分がペットとして見るからといって、皆が同じように見ないといけないのか?





・道義的に、特定の動物を我々は食べるべきじゃない。


・↑どの国にも文化はある。
お前の国は、彼らと同じように犬のことを見ない。


・美しい動物たちだ。
美しい人たちによって救出された。


・あの犬たちを見るだけで、腹が減ってくる。


・人間の最良の友であって、安い肉じゃないんだからな。


・私も犬を飼っているけど、アメリカは自分たちのことだけを気にしていたら?


・野蛮人どもめ。


・理解できない。
アメリカにも家が必要な犬がたくさんいるのに。


・最近の牛肉の値段を見ると、少しくらい試しに食べてみても良いかなと思う。


・犬たちが無事で良かった。
でもこんなの氷山の一角だよ。





・どうして気にするんだ?
どうせ彼らは、もっと育てるだけだろ。
それが彼らの生活の仕方なんだ。


・彼らはヒーローたちだ。


・韓国やアジアの国のメニューから消えることは無い。
食用に育てているからね。


http://goo.gl/7PkcS4 http://goo.gl/aSGrYohttphttp://goo.gl/fh5Rqd://goo.gl/Tu3oZehttp://goo.gl/p4dMXNhttp://goo.gl/8JoqPxhttp://goo.gl/zByGa8
残酷?文化?犬食の合理性を考えよう(海外の反応)

中国の犬肉祭りに対する海外の反応(海外の反応)


follow us in feedly