sf
ついに、中国が尖閣強奪を本格化させる軍事的な動きを見せ始めた。沖縄本島より尖閣諸島に100キロも近い、中国浙江省温州市沖の南キ列島に新軍事基地を建設しだしたのだ。
  「軍が基地を建設し始めた南キ島は、界隈にある52の島々のうち最大級の大きさを誇るが、ここに数百人の軍人が昨年秋に上陸。今では島の高所に複数の大型 レーダーが設置され、軍事用の超高速通信網の敷設も始まっているという。また、ヘリポートや大型巡視船の艦載機に使用されると見られる滑走路の建設も始 まっており、今年中の完成を目指していると伝えられているのです」(自衛隊関係者) [週刊実話]
海外の反応をまとめました。



この南キ島には将来的に陸海空軍が駐留する予定だが、狙いは「ズバリ長年中国が目論んでいた尖閣諸島の強奪」(同)ともっぱら。そのため、日本政府も大慌てしている状態なのだ。
 「すでに防衛省や自衛隊筋では、これが尖閣奪取に向けた方策と評判になっている。日米両国では緊急会議を開き、この軍事施設への対応を協議しているほどなのです」(防衛省関係者)
 もっとも、尖閣奪取を狙う中国の動きはこれだけではない。昨年11月には中国政府傘下の軍事企業である『保利集団』が、「WB-1」と呼ばれるレーザー兵器を開発。これが南キ島の新軍事基地に配備される可能性も高まっているのだ。
  「この兵器は強力な電磁波を発し、人体の水分を沸騰させる新兵器。ビームを当てられた人間は命に別状はないものの、電子レンジに入れられたような耐え難い 熱さを感じ、ヤケドを負った感覚になる。中国軍は東シナ海や国内でのデモ排除に活用するとうそぶいているが、尖閣上陸作戦の折にこれを阻止する海保隊員ら に用いるのに最適で、『中国軍はこの兵器を使って尖閣を実効支配する青写真を描いている』と評判なのです」(前出の自衛隊関係者)
 ちなみに、昨年11月に広東省で開かれた航空ショーでは、最新鋭のステルス機『殱31』も公開された。抗日戦争終結70年の節目にあたる今年は、中国軍の動きが活発化すること必至といえそうだ。(週刊実話)


・問題の島(南キ列島)は、中国の海岸からすぐ近くの中国領土だ。
それなのに、我々は彼らが基地を置くことに懸念を示しているのか?
中国は、我々が韓国・日本・沖縄に基地を置いていることを懸念しているのだろうか?


中国の領土なんだから、南キ列島に何を建設してもいい。
日本は黙るべきだな。


・その島は、中国本土から30マイルの距離にある。
尖閣諸島とは300マイル離れている。


・日本にも、論争中の島の近くに、軍事基地を建設する権利がある。


・↑そうかもね。
でも中国と論争中の島に建てるわけじゃない。


・↑日本の領土なんだから、建設することはできる。


・日本は、東シナ海にある大きい島の一つに、ヘリと垂直離発着機用の基地を建設するべきだな。
そうすれば、問題は解決する。


・4年以内に、中国のステルス機「殲-20」と「殲-31」が、東シナ海をパトロールするだろう。
「殲(せん)31」中国が新型ステルス機を公開(海外の反応)


・↑
「殲-20」と「殲-31」って何?
中国がステルス機を製造できると信じているのは、愚かな連中だけだぞ。





・中国はアメリカの心配をしなくていい。
少なくとも、あと2年はね。


・中国は、本当にあの地域で戦争を始めたいようだね。
国連に九段線に関わって欲しくないのには理由がある。
負けてしまうからね。

九段線(きゅうだんせん、英語: Nine-dotted Line)、またはU字線牛舌線越:Đường 9 đoạn/Đường lưỡi bo/Đường chữ U塘𠃩段/塘𦧜𤙭/塘字U)は、南シナ海の領有権問題に関して、1950年代から中華人民共和国がその全域にわたる権利を主張するために地図上に引いている、9本の点線である。

なお、これに先立つ1940年代から、中華民国も同様の目的で、地図上に11本の点線(十一段線)を引いている。(ウィキペディア)


・いずれにせよ、中国の領土なんだから、中国に権利はある。


・↑Free Tibet。


・中国の拡大主義は、止めないといけない。


・それで、誰が彼らを止めるんだ?
彼らは好きなことをして、誰も止めようとしていない。


・中国は、戦争の準備をしているんだろうな。
自分たちの人口の多さにウンザリなのだろう。


http://goo.gl/KrSqNthttp://goo.gl/XJgiI9http://goo.gl/izLL4D
「歴史踏みにじる日本」中国が尖閣諸島の特別サイト開設(海外の反応)

中国が人間を瞬間沸騰させる最新兵器「電磁ビーム」を開発(海外の反応)


follow us in feedly