gb
サンコー スーパー仰向けゴロ寝デスク

海外の反応をまとめました。



ff

111


・よし!
体重をもっと増やして、怠け者になろう!


・素晴らしいアイデアだ。
これでたとえ病気で会社を欠勤しても、家のベッドで働かされるな。


・ウォーリーが現実になった。


・ベッドは寝る為の物だ。


・本気か?
どうしてこれが必要なの?


・電話を顔の上に落とすだけでも痛いのに。
ラップトップなんて言うまでもない。


肩がこるかも。


・発明とテクノロジーが、人々を破壊している。


・鉄の肺の中で生活する人たちのことを思い出した。
彼らはタイピングしないけどね。
鉄の肺(てつのはい、Iron Lung)は、人工呼吸器の一種である。患者の首から下を気密タンクに入れ、タンク内を間歇的に陰圧にする。タンク内を陰圧(-7 - -15水柱センチメートル)にすると、患者の胸郭が広げられて吸気がおこり、平圧に戻すと胸郭の弾性によって肺がしぼんで呼気がおこる。1928年、アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストンのハーバード大学公衆衛生スクール(Harvard School of Public Health)のフィリップ・ドリンカー(Philip Drinker)、ルイス・A・ショー(Louis A. Shaw)らが、ポリオによる呼吸不全を治療するために実用化した。1950年代までは広範に用いられていたが、装置が大がかりで高価なこと、頭部以外の全身をタンクが覆うために患者のケアが難しいこと、陽圧換気による人工呼吸器が普及したことなどもあり、現在ではあまり使われていない。(ウィキペディア)
df





一分間タイピングした後に、手から血液が無くなって、痛くなるのを防ぐ方法は考えたの?


・手を高く上げ続けることは出来ない。


・↑同じことを思った。
ソファーでくつろぎながら使っていても、手が疲れる。


病気や怪我で、寝たきりの人たちにとっては良いかもね。


・↑彼らにとっては良いかもね。
それでも腕を上げ続けることは出来ないよ。





http://goo.gl/QPiv0qhttp://goo.gl/8cCZD4
最強の花粉対策!日本企業が防護服のような花粉対策マスクを発表(海外の反応)

follow us in feedly