rhh
人気バンド、「サザンオールスターズ」の桑田佳祐さんと所属事務所は、去年の大みそかに開いたコンサートの中で、受章した「紫綬褒章」を十分な配慮をせずに取り扱い、不快な思いをした人もいたなどとして15日、謝罪する文書を発表しました。 サザンオールスターズの所属事務所によりますと、去年の大みそかに横浜市で開いたコンサートの中で、桑田佳祐さんが去年の秋に「紫綬褒章」を受章したことを報告する際、ポケットに入れた紫綬褒章を取り出したり、競りにかけるようなパフォーマンスをしたということです。(NHK)
海外の反応をまとめました。



これについて多くのメディアが取り上げ、今月11日には事務所の前で抗議行動が行われたということです。
こ のため、事務所と桑田さんが連名でコメントを発表し、「感謝の表現方法に充分な配慮が足りず、ジョークを織り込み、紫綬褒章の取り扱いにも不備があったた め、不快な思いをされた方もいらっしゃいました。深く反省すると共に、ここに謹んでお詫び申し上げます」と謝罪しました。
また、このコンサートの一部はNHKの紅白歌合戦でも中継されましたが、その際、桑田さんが付けひげをして出演したことについては「お客様に楽しんでいただければという意図であり、他意は全くございません」としています。(NHK)


・謝罪しないといけないなんて悲しいね。
しかも、世界が表現の自由について議論している時に。


・これとシェルリー・エブトを弁護する連中が語る表現の自由との違いは何だ?


・↑両方とも愚かで、擁護する価値がない?


・何故謝罪する?
彼にはやりたいことをする権利がある。


・脅迫されたから、彼は屈したのだろう。
日本版シェルリー・エブト。


・言論と表現の自由は、生きていてたくましいようだね。



・謝罪するなよ。


・彼はあの会場で客の前で、ああいうことをして、何を成し遂げるつもりだったのだろうか?
日本が風刺と悪趣味の違いを認識してくれて嬉しく思う。





・謝罪を強要したんだろ、さもないと彼らのキャリアが台無しになる。
時々、保守的というのは退屈の同意語だ。


・ヒトラーの髭は、「歯ブラシ形」と呼ばれるものだ。
ある時期にすごく流行った。
チャーリー・チャップリンや他の有名人たちもしていたよ。


・↑ヒトラーをからかう映画を含めてね。


・賞を与えてた人たちに謝る番だ。


・言論の自由・・・そんなわけない。


謝る必要はない。


・30年間日本に住んでいるが、桑田の歌は大好きだが、彼がテレビで見せる道化にはガッカリする。
彼は音楽の天才だけどね。




http://goo.gl/48R1W5http://goo.gl/SvYi5q

follow us in feedly