fd
【1月16日 AFP】フランスのベルナール・カズヌーブ(Bernard Cazeneuve)内相は、先週のパリ(Paris)のユダヤ系食料品店襲撃事件で人質たちを助け、「ヒーロー」と呼ばれたマリ人男性、ラサナ・バシリー(Lassana Bathily)さん(24)に、フランス国籍を与えると発表した。
海外の反応をまとめました。


カズヌーブ内相は声明でバシリーさんの「勇敢さ」を称賛し、20日の式典でバシリーさんに国籍を与えると述べた。バシリーさんは2006年からフランス在住で、昨年7月にフランス国籍取得を申請していた。

 バシリーさんは事件のあったパリ東部の食料品店の従業員で、アメディ・クリバリ(Amedy Coulibaly)容疑者が9日に人質をとって店内に立てこもった時、店内にいた買い物客たちを冷蔵室に集め、冷蔵機能を切り、扉を閉じて人々を守った。

「銃声が聞こえ、同僚や買い物客が走って行くのが見えた」と、バシリーさんは振り、「『来い、来い』と伝え、冷蔵室の中に入れた」と語った。

 バシリーさんは、搬入用のリフトを使って外に脱出しようと提案した。だが誰もその危険をおかしたくなかったので、バシリーさんが一人で脱出し、警察官を呼び止め、建物内の情報を伝えた。事件解決を導いた警察の特殊部隊の突入に不可欠な情報だった。

 敬けんなイスラム教徒のバシリーさんの行動は多くの人に称賛され、バシリーさんの国籍取得実現を求めるオンライン署名サイトには22万人分の署名が集まった。

 バシリーさんは自らの行動について、共通の敵に脅かされている他人に対して、人間ならば誰でもしなければならない行動だと語る。

「私たちは兄弟だ。ユダヤ教か、キリスト教か、イスラム教かの問題じゃない。私たちはみんなで同じ船に乗っている。危機の時は互いに助け合わなければならない」と、バシリーさんは、仏テレビ局BFMTVに語った。(c)AFP



・こういったこと耳にすると、幸せな気分になる。


・イスラム教徒の輝かしい模範であり、移民の社会への貢献を示した。


・良いニュースだ。彼にふさわしい。


・バシリーさん「私たちは兄弟だ。ユダヤ教か、キリスト教か、イスラム教かの問題じゃない。私たちはみんなで同じ船に乗っている。危機の時は互いに助け合わなければならない。」
↑現代のガンジーだ。


・良い人だ。
彼はヨーロッパで歓迎される。


・それで、最近はフランス国籍を取得するのに、どれくらいの時間がかかるの?


・間違いなく彼は、レジオンドヌール勲章を受章することになるだろう。
レジオンドヌール勲章(レジオンドヌールくんしょう、仏: L'ordre national de la legion d'honneur ロルドル・ナショナル・ド・ラ・レジオン・ドヌール、「名誉軍団国家勲章」)は、統領政府期にナポレオン・ボナパルトによって制定されたフランスの栄典制度である。レジオン・ドヌール勲章とも表記されている。現在もフランスの最高勲章として存在する。(ウィキペディア)

・なんて素晴らしいご褒美なんだ。





・素晴らしいぞ、フランス。
よくやった。


・彼は裏切り者として標的にされないだろうか?


・おめでとう、素晴らしいフランス国民だよ。


・勇敢だとフランス国籍が与えられるの?


・アメリカでは、同じ状況でもこうはいかない。
お役所仕事だし、不満を言う連中が出て来るからな。


・早かったな。
アメリカでは、絶対に起きないことだ。


・ようやく本当のイスラム教徒が、見出しを飾った。


・暗闇の中の、小さな光だね。



http://goo.gl/QBvNdshttp://goo.gl/YgexzNhttp://goo.gl/Ze6c5Shttp://goo.gl/AcZMdghttp://goo.gl/IYZkM4

follow us in feedly