erg
航空自衛隊の戦闘機が日本領空に接近した軍用機などに緊急発進(スクランブル)した回数が、平成26年度は第3四半期(昨年10~12月)までで計744 回に上ったことが20日、防衛省統合幕僚監部のまとめで分かった。このままのペースで推移すれば昭和59年度の過去最多(944回)を上回る。(産経ニュース)
海外の反応をまとめました。


中国軍機に対する発進は昨年10~12月で164回。四半期ごとの統計を取り始めた平成17年度以降、中国軍機に対する発進としては最多となった。 昨年4~12月の9カ月間でも371回に達しており、このままいけば年度ベースでも過去最高の昨年度(415回)を上回ることになる。

 防 衛省によると、発進対象の中国軍機は戦闘機が多く、尖閣諸島(沖縄県石垣市)が位置する東シナ海から太平洋に抜けるルートを通るケースが頻繁に見られると いう。昨年12月には中国軍機が沖縄本島と宮古島の間を相次いで通過した。今年度に入って領空侵犯の事例は確認されていない。

 一方、第3四半期のロシア軍機に対する発進は45回だった。第1四半期(昨年4~6月)は235回に急増したが、それ以降は減少傾向にある。発進対象となったロシア軍機は情報収集機が多いという。

 昨年4~12月の方面隊別では、主に中国軍機に対応する南西航空混成団が379回で最多。次いで主にロシア軍機に対応する北部航空方面隊の213回が続いた。いずれの方面隊でも前年度同期を上回った。(産経ニュース)



・記事「このままのペースで推移すれば昭和59年度の過去最多(944回)を上回る。
↑一体何がこの状況を引き起こしているんだ?
中国とロシアとの関係が悪いから?


・どうして日本は、全ての周辺国と問題を抱えているんだ?


・奴らは境界線を試しているんだ。
どれくらい先まで進めるのか見ているんだよ。
致命的な連鎖を引き起こすには、1つの事件や事故で十分だ。


・習うよりも慣れろさ。


・準備が勝利の鍵だ。


・誰かが怪我をするまでは、ただの悪ふざけだよ。


・良い考えがある。
日本とアメリカも、この子供じみたゲームをして、領空に侵入したらどうだ?





・もし日本が気に入らないのなら、次回は地対空ミサイルを撃てばいい。


・他国の領空を侵犯したのなら、撃ち落す権利があるのでは?


・戦闘機は、一度も日本の領空に侵入していない。
防空識別圏に入ったんだ。
みんなこれを理解してから、口を開くべきだね。


・日本は、軍隊を増強するべきだ。
良い景気刺激策になるぞ。


・↑景気刺激策とは、経済的消耗のことか?


・↑そんなことはない。
仕事をたくさん創出するだろうし、研究資金を産み出すだろう。
その製品を売れることは、言うまでもない。


・中国は、「平和的興隆」を強調し続けているが、中国政府の態度は非協力的で、アジアでの覇権を追い求めている。


・人々は、日本が再軍備することについて不満を言うが、中国とロシアはこういうことをする。
馬鹿げているね。


http://goo.gl/gEQT6mhttp://goo.gl/ej5ABe

follow us in feedly