gd
【1月20日 AFP】中国初の空母となった旧ソ連時代の船舶を購入した中国人男性実業家が、船の取得にかかった1億2000万ドル(約142億円)分の費用を中国政府から返金されていないと主張していることが、20日の香港英字紙サウス・チャイナ・モーニング・ポスト(South China Morning Post)の報道で明らかになった。
海外の反応をまとめました。


男性は中国人民解放軍(PLA)所属バスケットボール・チームの元選手、徐増平(Xu Zengping)氏。ウクライナとの船舶購入の交渉役として中国政府に抜擢され、マカオで「水上カジノ」に使おうとしている実業家を装って「ワリャーグ(Varyag)」号を買い取り、中国軍へ引き渡した。船舶代は2000万ドル(約24億円)だったが、中国へのえい航してくる間に費用はさらに膨らんだ。

 しかしサウス・チャイナ・モーニング・ポスト紙のインタビューで徐氏は「わが政府からはまだ、100分(フェン、1元の100分の1)さえ受け取っていない。船をただ海軍へ引き渡しただけだ」と語った。

 ワリャーグ号は数年がかりで改装された後、12年に中国初の空母「遼寧(Liaoning)」として就役。軍事力増強を押し進める中国軍にとって、象徴的な節目となった。

 中国の国外投資に対する批判が高まる昨今、今回の香港紙報道から浮かび上がってくるのは、中国軍と一部の裕福な実力者との緊密な関係だ。報道で は、徐氏の資金源に関する情報はほとんどなく、徐氏が不動産業と観光業を主に「香港を拠点とする」実業家で、中国軍の軍事力を拡大させたいという動機に よって関わったとだけ伝えている。(c)AFP



・典型的な中国の策略だ。


・それなのに、中国は次の大国になる。
恐ろしい。


・↑心配するな。
日本が四手でチェックメイトするナイトになるから。


・船を手に入れるために、中国がまた嘘をついたか。
水の上に浮かぶカジノになるとでも言ったのだろう。


・要するに、これが中国人のメンタリティーなんだよ。


・資本主義の教訓を彼に教えているだよ。
金は借りても、請求書は支払うなってね。


・現金で要求するべきだったな。


・つまり自国民に嘘をついて、盗んだということか?
驚きだね。


・この男が、中国政府にかなりの利子を要求することを願いたい。





彼はフォーチュンクッキーの中のおみくじを見るべきだったね。


・中国のバスケット選手って儲かるようだね。


・だから中国軍は、本当の脅威にならないんだよ。
安っぽくて腐敗している。


・偉大な中国メディアが、そんなことを語っているのか?


・代金を回収できるといいね。
かなりの税控除になりそうだけど。


・興味深い話だ。


・自分への覚書:中国人は、こうやってビジネスをする。
彼らが満額支払う前に、商品を引き渡すな。


・彼は船を取り戻したらどうだ?
良い漁船になると思うぞ。


・ぼろっちい空母だな。


http://goo.gl/1Lym6q

follow us in feedly