dfgdfd
中国共産党機関紙・人民日報はインターネット向けの文章で、反ファシズム・抗日戦争勝利70年を迎える9月3日に合わせ、大規模な軍事パレードと閲兵式を 開催することを認めた。その上で、閲兵式などを実施するのは、中国の軍事的能力を誇示することで「日本を震え上がらせ、世界に向けて中国が戦後の世界秩序 を守る断固たる決意を示す」など、対日けん制が目的の一つとの見方を示した。(時事通信)
海外の反応をまとめました。



習近平国家主席の就任後、軍事パレードと閲兵式は初めて。これまでは10年に1度の国慶節(建国記念日)の節目に開催されている。習主席としては慣例を外し、抗日戦勝記念日に軍事パレードを開催することに政治的な意味や狙いを込めている。
  この意味について、人民日報が26日夜にスマートフォン向け無料通信アプリ「微信」に配信した文章で解説。日本が「再び軍国主義の道を歩む兆しがあり、戦 後の国際秩序をひっくり返し、敗戦国の地位を変えようとたくらんでいる」と批判し、「中国は日本に(軍事的)能力を示し、中国の戦後秩序に対する日本の挑 戦を絶対に許さない」と強調した。 
 このほかの狙いとして文章は「閲兵を通じて世界に軍事装備の実力を示すことができる」と説明。さらに「人心を奮い立たせることが必要」とした上で「国民の団結や誇りを高める」など国威発揚の目的も指摘した。
 傅政華公安次官(北京市公安局長)は22日、戦後70年に合わせて北京で閲兵式を開催すると明らかにした。ロシアのプーチン大統領ら外国首脳も初めて出席するとみられる。(時事通信 2015/01/27-15:08)


・日本のことが、本当に嫌いなんだね。


・不安感から来るパレード。


・中国が日本のことを怖がっているから、出来るだけ吠えようとしているだけだろ。


・↑この70年間ずっとだ。


・日本がこの軍事パレードを気付くか確信が持てない。


・日本の敗北に関して何の役割を果たさなかった国が、服従を祝おうとしている。
面白い選択だ。


・中国は、アメリカ軍が日本にいることをずっと忘れているようだね。


・こんなことをするなんて、凄く未熟だね。
世界が完全な平和を耳にする日は来ないか。


・どうして仲良く出来ないんだ?


・子供じみた行動だよ。
何の解決にもならない。


・中国は平和主義の国を怖がらせようとしている。
周辺国に兵器を備えさせるだけだ。


・ガンダム対海賊版ガンダムか。
待ちきれない。


・間違ったアプローチだよ。


・日本が恐れるかどうか、かなり疑わしい。


・中国は今は21世紀だということに気付いた方がいい。





・中国っていじめっ子だね。


・核攻撃を受けたことのある国が、怖がるとは思えない。


・日本はハローキティをパレードさせて、中国に可愛さを見せつけてやるべき。


・日本にはドラゴンボールがあるから、中国に勝ち目はない。


・日本はクスクス笑いながら、中国の軍事パレードを見るだろうな。


・もし中国が日本に軍備を増強して欲しいと思っているのなら、素晴らしいメッセージの送り方だと思うぞ。


・中国がこの地域の緊張を産み出している証拠がまた出たな。
日本やアメリカが緊張を産み出しているわけじゃない。


・ほとんどの国が攻撃的だ。
どうして平和に生きることが出来ないの?


・日本人が恐れるのは、中国から日本に向かってやってくる大気汚染だけだろうな


・日本を怖がらせる=日本が軍備を増強させる。
ありがとう、中国。


・もし中国が日本と戦争を始めることになれば、西側と戦争を始めることになる。


http://goo.gl/iner58http://goo.gl/jjlkMXhttp://goo.gl/4uxNzAhttp://goo.gl/HbXqsd

follow us in feedly