dg
主演映画『チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密』(2月6日公開)のプロモーションのために来日している米俳優のジョニー・デップ(51)が28日、体調不良のために前日キャンセルした記者会見に出席した。
 大きなひげのクッションを手に登場し、第一声で「きのうは大変申し訳なかったです」と報道陣へドタキャンを謝罪したデップ。風邪のための体調不良と説明 されていたが、心配させない配慮のためか「チュパカブラという吸血動物に襲われてしまったのさ」と笑いながら欠席理由を説明。「スーツケースに入ってし まったようだね。でも安心して、23階から突き落として退治したよ」とジョークを交えつつ「本当に申し訳ないです」と何度も謝罪した。
海外の反応をまとめました。


本作で演じたチャーリー・モルデカイは、言葉巧みにインチキな美術品を売りつけるアートディーラーとあって、非常にセリフの多い役。「大好きなチャー リー・チャップリンやマスター・キートンのような無声映画に出ていた俳優の表情や目の動きを参考にしたよ」と、役作りのポイントを明かすと「誰も見たこと のないキャラクターを作ることに毎回チャレンジしているよ」と俳優としての心構えも語った。

 「きのう迷惑をかけた分も話したいんだ」と予定時間を過ぎても質疑応答に答えたデップは、映画の見所を紹介するだけでなく、昨晩は同伴した婚約者の米女優アンバー・ハード(28)とともに、フグを食べたというエピソードも披露。「最初はちょっと怖かったけど、こんなに素晴らしい日本食初めてだったよ」とご満悦の様子だった。

 前日に予定されていた会見では、国内外の報道陣200人以上が集まったが、開始時刻を1時間過ぎたころに配給元のKADOKAWAから「体調不良のた め」と会見中止が伝えられた。その後、夜に行われたジャパンプレミア・レッドカーペットセレモニーも、開始予定時間より1時間ほど遅れて登場。恋人のアン バーとともに姿を見せ、集まったファン約1500人から大歓声が湧き起こった。


・どうやらモルデカイのキャラクターが抜けきっていないようだね。


・ハハハ。とてもクリエイティブだ。
彼が大丈夫なことを望むよ。
少なくとも良いユーモアのセンスだ。


・彼は本当に面白い男だね。


・全く理解できない。


・俺には分からん。
助けを求めて泣いているように聞こえる。


・ジョニー・・・何だって?
大丈夫かな?
何かがおかしい。


・面白い人だ。
彼の新作映画が待ち遠しい。


・ ジャック・スパロウ船長!
ジョニー・デップ大好き!


・どうして彼は年を取らないの?
51歳なのに、未だにカッコいい。


・チュパカブラは、生息地を拡大しているんだ。


・チュパカブラに襲われるのって嫌だよね。


・風邪をひいているのなら、どうして東京に行ったの?





・この写真に写っているのは、本当に彼なの?
酷いね。


・間違いなく気分がすぐれない様子だ。


・チュパカブラは、ヤギしか襲わない。
ジョニーは、ヤギに変身していたのか?


・それなのに人々は、彼が変わった人間の役を演じていると思っている。


・どうして彼は、いつも同じ映画のオーディションを受けているように見えるの?


・この男は過大評価されている。


・だんだん彼にイライラしてきた。
変わったキャラクターを演じ過ぎかな?


・奇怪な行動ではない。
これは冗談と呼ばれるものだ。


・最高のカッコいい言い訳だ。


・明らかに頑張りすぎだと思う。


・職場でこの言い訳を使おうと思う。


http://goo.gl/Xnomoyhttp://goo.gl/cMqRW4http://goo.gl/6b8wFChttp://goo.gl/ecwVBWhttp://goo.gl/zkj9B3
日本のファン悲鳴!ジョニー・デップが婚約者とラブラブな様子で来日(海外の反応)

follow us in feedly