gfgfg
なにかにつけて、精巧につくられた偽物が登場し、話題となる中国で、今度はなんと「ニセ銀行」が出現、大量の被害者を生み、巷を騒がせている。
こ れは中国南京市にある「農村経済協同組合」というニセ銀行で、実際に店舗も構えて多くの行員を従事させるなど、その姿はまさに銀行そのもの。実際には銀行 業務に関する許可など一切下りていなかったにもかかわらず、それが正規の銀行であると信じて疑わない顧客たちから、わずか1年間で2億元(約37億 7000万円)もの巨額の資産を騙し取ることに成功していた。
とかく、「ニセ銀行」と聞くと、所詮はWEBサイトなどをそれっぽくつくる 程度のものと考えがちだが、この銀行は店舗や従業員はもとより、なんとATMまで設置しているほどの凝りよう。騙された人々は、最近になって預金が引き出 せなくなるまで、その兆候にすら気づくことはなかったというから、実に驚くばかりだ。(AOLニュース)
海外の反応をまとめました。



・メイドインチャイナ・・・銀行さえ偽物。


・中国は偽物だらけだな。
どうやったら本物かどうか見極められるの?


・ある程度まで来ると、中国に偽物ではことがあるのだろうか?と思い始める。


・おお!凄い詐欺だな。
彼らの独創性を認めざるを得ない。


・中国限定だな。(笑)


・大胆な奴らだ。


・究極の偽物。


・中国は話題を提供し続けてくれるな。


・混乱している。
どうしてそんなに長期間運営することが出来たの?


・当局がこれに気付くのに、どうして1年もかかったの?


・中国には偽のアップル製品を売る偽のアップルストアがあるからな。





・西洋には同じことをする偽の銀行がある。


・この銀行と本物の銀行の違いは何?
あまり違いがないように思える。


・中国限定だよ。中国だけ。


・↑そう思いたいけどな。



・どうやって銀行業務を行っていたのだろう?


・中国ではほとんどのことが偽物だな。何故だ?


・なんという凄い記事だ。


・あまりに多くの疑問が生まれて来る。
第一に偽の銀行を作るなんて、一体どれくらい凄い度胸をしているんだ?
それと、捕まるまでどれくらいかかると思うのだろうか?


http://goo.gl/mDNN7Yhttp://goo.gl/JVScMj

follow us in feedly