hfdf
盧今錫(ノ・クムソク, 1932年1月10日 - )は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の軍人。朝鮮人民軍空軍に所属するパイロットだったが、朝鮮戦争の休戦直後に大韓民国(韓国)へ亡命した。
1953年9月21日、盧今錫中尉が搭乗したMiG-15戦闘機が韓国の金浦空軍基地に着陸した。亡命の理由については「アカの嘘付き」から逃れてきたのだと語った。亡命後、彼は100,000米ドルの賞金を送られた。これはアメリカ空軍がMiG-15確保の為に展開していたムーラー作戦への貢献に対する報酬であったが、一方で盧自身はこの作戦の存在そのものを全く知らなかったという。(ウィキペディア)
海外の反応をまとめました。




・俺はイギリス人だ。
自転車に乗って亡命したい。
いくらくれる?


・↑自転車に10ドル出そう。
君がイギリスに残ったら、さらに20ドル出そう。


・↑愚かなアメリカ人だ。
たぶん自転車がいくらするのか知らないのだろう・


・↑たぶん歩きもしないと思う。


・↑俺たちアメリカ人には、車がある。


・どうやら彼は着陸するまで賞金のことを知らなかったようだ。
すごいボーナスだね。


・↑彼のその後の略歴を見る限り、その金は必要なかったように思える。

その後、アメリカ合衆国に移住してデラウェア大学を卒業し、結婚を経てアメリカの市民権を獲得している。またアメリカではグラマン、ボーイング、ゼネラルダイナミクス、ゼネラルモーターズ、ゼネラルエレクトリック、ロッキード、デュポン、ウェスティングハウスなど様々な企業で航空技術者として働いた。先立ってアメリカに避難していた母親ともこの頃に再会している。帰化の後はケネス・ロウ(Kenneth Rowe)という英語名を名乗った。エンブリー・リドル航空大学にて航空宇宙工学の教授として17年勤務し、2000年に退職した。(ウィキペディア)


・↑たぶん彼が新しい土地に落ち着いて、学位を取る手助けになったと思う。





・どうしてベストコリアから去りたいと思うの?


・↑俺の記憶が確かなら、当時は本当にベストコリアだったはずだ。


・↑ほとんどの人たちは、このことを知らない。
北朝鮮の最初の20年間は、とても良かった。
一方の韓国は、再建に苦戦していた。


・どんでん返し:亡命したパイロットは、実はスパイだった。


・おそらく彼は厳しく尋問を受けて、監視されたと思う。


・誰か数学出来るか?
今の価値でいくらくらい?


・↑886,651.69ドル。


・MiGにはいくらの価値があったの?


・彼は俺の航空学の教授だった。
今まで出会った中で、一番ワルでカッコ良かったよ。


http://goo.gl/93cXMV
ソ連の将校がミグ25で日本に強行着陸して亡命を求めた事件(海外の反応)

follow us in feedly