rttr
過激派組織「イスラム国」とみられるグループによる日本人人質事件を受け、安倍晋三首相が、今後海外で邦人が事件などに巻き込まれた場合に備え、自衛隊に 救出の任務を与えるべきだと主張している。従来は憲法上の制約から禁じられていた任務だが、安倍政権が昨年、解釈改憲をした閣議決定で可能にした。安全保 障法制整備をめぐる与党協議や国会審議の論点に浮上する可能性もあるが、現実味が乏しいとの指摘もある。(東京新聞)
海外の反応をまとめました。


首相は一月二十九日の衆院予算委員会で「自衛隊の持てる能力を生かし、対応できるようにすることは国の責任だ」と強調。邦人救出を可能にする法整備に意欲を示した。

 火災現場に取り残された人を助け出す消防士を引き合いに「自衛官も危険を顧みず、任務を全うするために全力を尽くす。リスクを恐れて何もしないのは決して良いとは考えない」とも述べた。

 海外で邦人が事件や災害に遭った場合、自衛隊ができる活動は輸送に限られてきた。救出は憲法が禁じる他国での武力行使に当たる恐れがあるとして認められなかった。

 しかし、安倍政権は昨年七月の閣議決定で「相手国の同意」などがあれば、救出活動も可能だと示した。五月の大型連休明けに提出される安保法制の関連法案にも盛り込む方針で、近く始まる与党協議で議論される。

 ただ、「イスラム国」のような勢力が「国に準じる組織」とみなされれば、人質救出のための武器使用は違憲となる恐れが強い。憲法九条が禁じる「国際紛争を解決する手段」としての武力の行使になりかねないためだ。

 自衛隊の能力にも限界があり、防衛省幹部は「米国ですら人質奪還作戦に失敗しており、日本にできるはずがない」と否定的だ。

 自民党にも慎重論が強い。谷垣禎一幹事長は三十日の記者会見で、首相の主張について「日本ではあまり議論されていない領域だ。議論が十分に熟している状況ではない」と指摘。「日本は(邦人救出の)独自の手だてを持っていないのも事実だ」と述べるにとどめた。

 民主党の岡田克也代表は記者会見で「この機に乗じて『必要だ』と訴えている感じを受ける。もう少し冷静に議論したらどうか」と首相を批判した。(東京新聞)



・日本の平和主義の方法は好きだけど、こういった恐怖や政権に対して強い姿勢を見せるために、より攻撃的な軍を持つ権利を行使するべきだと思う。


・↑馬鹿げているな。
日本の憲法を読んでみろ。


・安倍首相を支持する。
日本に幸あれ。


・どの国にも自国民を守る義務がある。
誰も代わりに自国民を守ってはくれない。


・ゴタゴタに関わらない方がいいぞ。


・ああ...自衛隊にはこういった作戦を実行した経験がない...。


・国を強化して、関わらないようにした方がいい。


・日本は70年間、軍に重点を置かない合意を守ってきた。
世界に日本はもう脅威ではないことを証明してきた。
今、日本はテロに対する第三次世界大戦に引き込まれることになった。


・日本は邪魔になって、人質を増やすだけだぞ。


・ようやく日本が戦いに挑む勇気を持ち始めた。





・救出作戦は、正しい方向に進む第一歩だ。


・Roninを解き放て。


・自衛隊に特殊部隊に相当する部隊はあるの?


・忍者の国なら、間違いなく壮大な救出作戦を思いつくはずだ。


・↑同じことを思った。


・日本人は間違いなくイスラム国との戦いに何かを加えてくれると思う。


・そんなことは考慮しない方がいいぞ、日本。
私は日本がテロ攻撃を受けるまで、こういった状況には関わらない方が良いと言い続けてきた。


・救出作戦を考えるのなら、本物の軍と兵士が必要だよ。



http://goo.gl/rsXT1lhttp://goo.gl/E4QqkGhttp://goo.gl/D2EAfR
日本人質事件に配慮して自粛が続く日本のテレビ(海外の反応)

(宗教の枠を超えた祈り)東京で後藤さんの解放を願う集会(海外の反応)

「I AM KENJI」後藤さんの解放を願う声が世界に拡がる(海外の反応)

follow us in feedly