dfffd
ハウステンボスは、長崎県佐世保市にあるハウステンボス敷地内に開業する「変なホテル~変わり続けることを約束するホテル~」(客室数:第1期72室)の先行仮受付を2月1日午前10時より開始する。(RBB TODAY)

海外の反応をまとめました。



 7月17日に開業予定の「変なホテル~変わり続けることを約束するホテル~」は、フロントやポーターサービス、客室清掃などのシーンに、サービスロボッ トを導入予定、建設コストの削減可能な工法の採用や省エネルギー化への取り組みなど、全く新しいローコストホテルの実現を目指した「スマートホテルプロ ジェクト」により誕生する。

 ホテルの利用者は、最新の顔認証システムによりキーレス滞在を実現、また、客室は一般的なローコストホテルの部屋よりもゆとりのある広さで、ゆったりと過ごせるという。

 「変なホテル」との名称は、常に変化する世の中に対してホテル自身も常に変化することを約束する思いを込めて名付けられた。全144室あるプロジェクト のうち72室の設計を東京大学生産技術研究所川添研究室と鹿島建設が担当。サービスロボットでは、同分野の技術を持つココロ、アルデバラン・ロボティク ス、安川電機のほか、数社が協力する。

 宿泊料金はオープンプライスを採用。利用時期により「ボトム(A)」「ミドル(B)」「トップ(C)」の3段階の料金を設定。基本料金となる『ボトム(A)』の一泊一室料金で、シングルの下限は7000円~(サービス料込税別、朝食付は9000円~)。(RBB TODAY)
fgg


・愚か者!こうやってウエストワールドが始まるんだ!
ウエストワールド』(Westworld)は、1973年のアメリカ映画。『ER緊急救命室』で知られる小説家、マイケル・クライトンの初監督にして監督、脚本家としての評価も高めた作品。

砂漠に建設された巨大遊園地「デロス」。そこはアメリカ西部開拓時代のガンマン、中世ヨーロッパの騎士、そして帝政ローマの豪傑という3つの体験が可能な夢の世界だった。

シカゴで弁護士を営むブレインは、以前にもデロスを訪れたことがある友人マーティンを伴い、この遊園地へ遊びに来た。ブレインたちは3つあるテーマパークの1つ「ウェストワールド」で憧れの西部劇ヒーローになりきり、ロボットを相手にした銃撃戦や女たちとのロマンスを大いに楽しんでいたが、そこで妙なことが起きる。休んでいたブレインたちへロボットのガラガラヘビが襲いかかり、マーティンが咬まれたのだ。決して客を傷付けないはずのロボットの「故障」を懸念した技術者たちは施設の一時閉鎖を進言するが、上層部はこれを拒否する。

翌日、ブレインたちの前に再三倒したはずのロボット「ガンマン406号」が現れ、決闘を申し込んできた。ロボットは人間を撃てず、人間は自由にロボットを撃つことができる。絶対に勝てる勝負のため、ブレインたちは当然受けて立つ。(ウィキペディア)


・どうやらウエストワールドは、日本語に吹きかえられなかったようだ。


・これは面白そうだ。


・ロボットは、外国人をエイリアンのように扱うように教えられるのか?


・↑そうでないことを願いたい。
ただ外国人が問題を起こせば、保証はないだろうな。


・人工知能とロボットによって、人間自体が余剰な労働力となる所まで世界は来てしまったのだろうか?


・子供の時に、これは未来だと思った・・・俺が大きくなった時ではないね。


・雇用率の減少を始めようじゃないか。


・最低賃金を上げさせる法律に直面しているアメリカ企業が、注目しているに違いない。





・どうしてコンシェルジェが、T1000みたいな見た目なの?
gd


・ちょっと不気味だな。
そのロボットたちが、コンピュータウイルスに感染したり、故障した時のことを想像してみてくれ。
ああ~恐ろしい!


・↑スカイネット。


・↑ウエストワールド。


・ ジョン・コナーが、俺たちを救ってくれるの?


・ターミネーター!


・俺たちお終いだよ。


・始まったか・・・。


http://goo.gl/DN0Y3yhttp://goo.gl/vKWunThttp://goo.gl/BNPnN5http://goo.gl/G8i4oehttp://goo.gl/AprtgOhttp://goo.gl/MUQAdfhttp://goo.gl/j9a6oL
19カ国語を理解!日本の銀行がロボットの行員を導入へ(海外の反応)

follow us in feedly