fdfddfd
【2月3日 AFP】ファストフード大手、ケンタッキーフライドチキン(KFC)がフィリピンで、ソーセージをパンに挟むのではなく、フライドチキンで巻き上げ、チーズソースをかけたホットドッグを発売した。ソーシャルメディアでは早くも話題となっているが、栄養士たちは戦々恐々としている。
海外の反応をまとめました。



「ダブル・ダウン・ドッグ(Double Down Dog)」と名付けられた新メニューは、ホットドッグとフライドチキンに対するフィリピン国民の愛情に答えようとしていると、KFCフィリピンのマーケティング・ディレクター、エロール・マグダート(Errol Magdato)氏はいう。「われわれフィリピン人は食べ物のことになると非常に冒険好きだということも、ホットドッグが大好きだということも分かっている」

 KFCフィリピンで独自開発された「ダブル・ダウン・ドッグ」だが、カロリーでいえば、ダブルチーズバーガーと同じか少ないくらいで、顧客の評判 は上々だという。「ダブル・ダウン・ドッグ」は1月末に2日間、一部の店舗で限定50個で販売されたが、今回、正式メニューとなった。

 しかし、マニラ(Manila) で食品会社を経営するシェフで、完全菜食主義者(ビーガン)のマリー・ゴンザレスさんは「ダブル・ダウン・ドッグ」について、「実に気持ち悪い」と拒否を 示している。ゴンザレスさんは、「すべて肉だけでできているサンドイッチなんて、痛風や糖尿病、心疾患など、病気そのものに食事を与えているも同然。悲し いことに、ファストフード産業がどういうものかを表している一例だ」とAFPに語った。

 現在のところ「ダブル・ダウン・ドッグ」がフィリピン国外で販売される予定はないが、ソーシャルメディア上では国境を越えて話題が広がっている。ニュースサイト「マッシャブル(Mashable)」は「KFCが最新のふざけた食品を発売した」と評し、ポップカルチャー情報サイト「Uproxx」は新商品を「KFCのひどい最新ファストフード」と評した。またマイクロブログのツイッター(Twitter)には「悪魔よ、ありがとう。ダブル・ダウン・ドッグを発明してくれて」という投稿があった。(c)AFP

dffd


・なんて素晴らしいんだ。


・オーマイゴッド、食べたい。


・↑本気か?
気持ち悪くなりそうだ。


・↑ソースのかけ方が雑だが、少なくとも試してみたいな。


・俺には美味しそうに見えるぞ。


・どこで売っているんだ?
フロリダ在住だが、こんなメニューはないぞ。


・↑フィリピン限定だよ。


・ジャンクフードは大好きだが、これは吐き気を催す。


・嘘はつけない。
おいしそうだ。


・世界は、一体どうなってしまったんだ?


・なんてことだ。
これは本物なのか?


・これを食べることは想像できない。


・俺は冗談かと思ったぜ。


・俺は絶対に食べるぜ。





・良いタンパク源だ。


・不公平だ。
俺も食べたい。


・簡単に心臓発作が起きそう。


・見ただけで糖尿病になりそう。


・肉を肉で包むなんて。これほど魅力的に聞こえることなんてある?


・どうしてイギリスでは、食べられないの?


・ノーサンキュー。


・うわ!気持ち悪い!2つくれ。



http://goo.gl/62E0F8http://goo.gl/F2LWNlhttp://goo.gl/m7FZYLhttp://goo.gl/ZkBRELhttp://goo.gl/Jm1gOahttp://goo.gl/9f4lUO

follow us in feedly