jkg
【2月5日 AFP】中国を訪問したアルゼンチンのクリスティナ・フェルナンデス・デ・キルチネル(Cristina Fernandez de Kirchner)大統領が、アジア人が「L」と「R」の発音に苦労することをからかうようなコメントをマイクロブログのツイッター(Twitter)に投稿したことで、自国内外で不評を買っている。
海外の反応をまとめました。


 貿易の拡大と政治的関係の強化のために中国を訪問したキルチネル大統領は、北京(Beijing)で参加したイベントの一つの出席者数について、スペイン語で「(出席者は)みんなラ・カンポラ(La Campola)支持者でしょうか」とツイッターで問いかけた。

 ラ・カンポラとは、キルチネル大統領の息子が代表を務めている与党の青年組織で、正しいつづりは「La Campora」だ。

「それとも、彼ら(出席者)はみんな、コメと石油のためだけに出席したのでしょうか」と、キルチネル大統領は付け加えた。

 これは、キルチネル派がイベントに集まるのは無料でサンドイッチとソーダをもらえるからだという、アルゼンチンの反キルチネル派が口にする政治的なジョークを引き合いに出したものだった。

 だがこのツイートでキルチネル大統領は、コメのつづりを「aloz(正しくはarroz)」と書き、石油のつづりを「petloleo(正しくはpetroleo)」と書いた。

 これらのツイートが多くの批判と人種差別だとする非難を浴びたことを受け、キルチネル大統領は、「ごめんなさい。あのね、狂ったことや理不尽なことがあまりに多すぎて、ユーモアでしか切り抜けられないのよ」と言い返した。

 すでにキルチネル大統領は、本国では検事の不審死をめぐり大きな注目を浴びている。

 一連の発言はアルゼンチンや国際メディアで大きく取り上げられたが、中国政府の運営する報道機関では一切報じられなかった。

 中国では2009年から、抗議行動の組織化に使われる恐れがあるとしてツイッターが禁止されており、中国人は現在、当局の検閲命令を遵守する国産のマイクロブログを利用している。(c)AFP



・心配いらない。
中国にツイッターはない。


・すべての大統領が、6歳児のように振舞っているね。


・大丈夫だ。
我々は気分を害していない。
でも彼女は大統領らしくない。


・最近は、誰も冗談を言わないのか?
彼女は楽しませようをしただけじゃないか。


・きちんとした口調で、中国の標準語を話せる西洋人は、ほとんどいない。


・別に彼女は、我々を不快にしていないよ。
どこにでも愚かな人たちはいる。
彼女が自分の国を子供じみた未熟の国のように見せただけ。


・信じられないほど失礼だよね。


・彼女のツイートは、別に不快にさせるものではないと思う。
でも未熟だとは思う。


・彼女は、アルゼンチンとアルゼンチン国民の恥だよ。


・なんて愚かなんだろうか?
彼女が大統領なのか?


・笑い飛ばせよ。
大したことじゃないじゃないか。





・彼女の立場で、これ以上子供じみた振る舞いが出来るか?


・彼女が自分の国の大統領だったら、恥ずかしい思いをするだろうな。


・他の人に関してのコメントを残す前に、自分の発音をチェックしたら?


・もうすぐ元大統領になるさ。


・言論の自由だ。


・この女性には、暗黒面がある。


・彼女はちょっとやりすぎたね。
そんなツイートをするべきじゃなかった。


・本当に中身のない大統領だ。


・発音をからかう必要なんてないでしょ。


http://goo.gl/3h21d6http://goo.gl/Qzwu4ihttp://goo.gl/TQzbbBhttp://goo.gl/iWoCMy
日本ではどうして「Engrish」が起きるの?(海外の反応)

ルルレモンの社名の由来は、RとLの発音が苦手な日本人を揶揄する為だと今日知った(海外の反応)

follow us in feedly