yr
1月末に発売された書籍「今日も嫌がらせ弁当」が話題になっています。高校に入って反抗期を迎えた娘に対し、母がとった行動は「3年間、毎日キャラ弁を持たせる」。言葉ではなく弁当を通じて娘へメッセージを送り続けた実話です。(withnews)
海外の反応をまとめました。


人気のブログが本に

本の著者は、八丈島に住むシングルマザーのttkkことKaoriさん。発売直後だというのにネット通販では売り切れが続出しています。

この本は、ttkkさんのブログ「ttkkの嫌がらせのためだけのお弁当ブログ」を元に出版されました。

多いときで月間350万アクセスを誇るこのブログ。キャラ弁の画像とともに、弁当に込めた思いや娘の反応などが、母の視点から軽妙に書かれています。

このブログの特徴は、「嫌がらせ目的」で娘にキャラ弁を作り続け、その様子を記している点です。

きっかけは反抗期

きっかけは次女の反抗期。「無視されたり、返事をしなかったりといった態度にカチンときて、仕返しの意味を込めて始めました」とttkkさん。

嫌がらせといいながら、次第に作るのが楽しくなってきて「誰かに見てもらいたい」とブログに載せたところ、「驚くほど反響があって快感になった」といいます。

2012年6月22日、初めてブログに掲載した四つのキャラ弁のうちの一つが「気を付けろ赤ずきん!」。

おにぎりの赤ずきんちゃんに、ウィンナーのオオカミ。込めたメッセージは「ママの口が大きいのはお前を怒鳴るためさ!」だそうです。

その後もホラー映画の主人公の指をウインナーで表現したり、缶コーヒーのパッケージを忠実に再現したりと嫌がらせは続きました。

次第にメッセージ色が濃く

嫌がらせで始めたキャラ弁ですが、次第にメッセージ色が濃くなっていきます。

期末テスト2日前には、娘が勉強しているかどうかが気になったので、タモリさん風のウインナーが「べんきょうしてる?」と尋ねます。

母の日に何ももらえなかったときには、カーネーションを再現して「随時受付中」のメッセージを添えました。

およそ3年間作り続けたキャラ弁も、今年1月27日に最終日を迎えました。最終盤では連日、母からのメッセージが海苔で書かれています。

「すべてが思い通りになると思うな」
「無駄と思うことも本気でやれ!」
「夢を叶えろ!!」

(以下略) (withnews)

12

13

14

15

15

16

17

18




・とてもクリエイティブだね。


・↑人工的な物は加わっていない。
すべてが海苔と野菜だ。


・工夫に富んだ健康的な弁当だと思う。


・彼女がシングルマザーかどうかなんて重要なことか?


・↑ああ。
だってこんな素晴らしいお弁当を作る奥さんを欲しくない人なんているか?


・シングルマザー?!
どうしたら、こんな弁当を作る時間があるの?


・可愛らしいし、美味しそうだ。
こういう弁当を作るのに、どれくらいの時間がかかるんだ?


・私も母親で、シングルマザーではないけれど、こんなお弁当を作る時間なんて無いわ。


・↑俺の知る限り、こういう弁当を作るために夜中の3時に起きる日本の母親たちもいる。





・わあ!私の息子が喜びそう。


・↑みんな喜ぶよ。


・この弁当に注がれた時間と労力は認めるけど、母親たちはこういう豪華な弁当を作るのを控えた方が良い。
子供同士の間に、競争や不満が生まれて、他の母親たちに重圧を与えることになる。
食べ物は食べ物だし、子供たちにとってより重要なのは、美味しくてバランスの取れた食事かどうかということだよ。
他のことは、単に個人的なエゴだ。
この母親の創造性は尊敬するけれどね。


・腹が減ってきた。


・カオナシだ。


・とてもクリエイティブで、カラフルだね。


・クリエイティブだけど、あの色合いはどうかな。


・芸術的だね。


・とても才能がある。
どうやって作ったのか、是非知りたいよ。


・とても幸運なお子さんだね。


http://goo.gl/PknlvXhttp://goo.gl/egYc7O
日本人が作ったゾンビのキャラ弁を見た海外の反応(海外の反応)



follow us in feedly