fggg
ヒトラーユーゲント(独: Hitlerjugend, 英: Hitler Youth)は、1926年に設けられたドイツのナチス党内の青少年組織に端を発した学校外の放課後における地域の党青少年教化組織で、1936年の法律によって国家の唯一の青少年団体(10歳から18歳の青少年全員の加入が義務づけられた)となった。「ヒトラー青少年団」とも訳される。略号はHJ。(ウィキペディア)
海外の反応をまとめました。



1936年の日独防共協定の締結に伴う日本とドイツ(後にイタリアも参画)の同盟強化に伴い、1938年にヒトラーユーゲントが青少年相互訪問の一環として来日し、北原白秋作詞の歓迎歌「万歳ヒットラー・ユーゲント」が作られるなど日本国民を挙げての大歓迎を受け、親独気運の醸成に大きく寄与した。

同時期に日本からは各地の学生、青少年団体職員、若手公務員から成る「大日本連合青年団」の訪独団がドイツに派遣され、ナチス党大会の参観、ヒトラーと会見してナチス・ドイツの見聞を広めた。



・小さなカギ十字の提灯がいいね。


・日本板の管理人連中の年に一度の日帰り旅行だろ。


・カッコいい髪型だな。


・↑ああいう髪型が、今まさに流行っている。狂っているね。
とても現代的に見える。


・ヒトラー青少年団が、日本をどのように見たのか興味があるな。
明らかに対等な相手として見ていたわけじゃないよな?


・ナチスと東条の同盟関係が、如何に急速に発展していったかを考えると、とても面白いよね。


・だから?
日本とナチスが友達同士だったことは、皆が知っているだろ。





まるでドイツ系アメリカ人協会やFriends of the New Germanyが、存在しなかったかのようだな。


・彼らは何を食べているんだ?
ベルリーナー・プファンクーヘンみたいに見えるが。
ベルリーナー・プファンクーヘン(独: Berliner Pfannkuchen)、または短くベルリーナー(Berliner)とは、ジャム入りの揚げパン(クラップフェン)である。/p͡f/音のカナ表記には、他に「ファン」「プァン」などがある。また、英語風にバーリナーバーライナーとも呼ばれる。(ウィキペディア)

・俺にはうなずける写真だ。
ヒトラーが特別にアジア人を嫌ったことはなかったから。
ナチスドイツに留学しているアジア人は常にいたし、彼は日本の皇室や中国の国民政府と親しかった。


・日本文化の知識は、アニメから得たもので、飛行機から降りたらすぐに日本人の妻が出来るお思っている色白の
Weeabooたちよりはマシだろ。※Weeaboo 日本かぶれ、日本オタク
weeaboo地獄が想像できなければ日本語の授業は履修するな(海外の反応)


・なんとでも言え。
奴らは魚の調理の仕方を知っている。


・ヒトラーが日本人のことを「名誉アーリア人」と呼んでいたことを忘れてはならない。
私は国家社会主義者ではないし、彼がしたことやホロコーストを大目に見ているわけではない。
私は日本の歴史に興味があるから、こういったことを知っている。


・↑ヒトラーが、Weeabooの起源だ。


http://goo.gl/JCB9Schttp://goo.gl/fBFPZIhttp://goo.gl/oTgy5v

follow us in feedly