j
富士フイルムのグループ会社が開発したインフルエンザ薬「アビガン」について、一定の条件下でエボラ出血熱に有効性があることを示唆する臨床試験 (治験)の中間解析結果が24日、明らかになった。ウイルス量が相対的に少ない患者では死亡率が30%から15%に半減した。一方で、ウイルス量が「非常 に多い」とされた患者には効果がみられなかった。 治験を主導するフランス国立保健医療研究機構(INSERM)が解析結果の概要を発表した。治験は昨年12月からギニアの4カ所の治療センターで実施している。 解析対象はアビガンの投与を受けた80人のエボラ熱患者。58%の患者は治療開始時点でウイルス量が「中程度」「多い」で、アビガンの投与を受けた患者の 死亡率は15%と従来の30%を大きく下回った。残る42%の患者はウイルス量が「非常に多い」とされた。臓器不全が進行し、投与を受けても93%が死亡 した。 INSERMは有効性を確認するにはより多くのデータが必要だとし、今後も治験を続ける。 世界保健機関(WHO)によると、西アフリカでのエボラ熱の新規患者は15日までの1週間で128人だった。(日本経済新聞)
海外の反応をまとめました。




・日本は本当に革新的だね。
素晴らしい。


・彼らは人々が望んでいる結果ではなく、希望だけを提供する。


・私は楽観的になりたい。


・市場には、エボラ治療薬は存在しない。
西洋の国々には、エボラが治癒した人たちがいる。
どうして抗体を含んでいる彼らの血を使わないんだ?



・いまだに我々はエボラについて語っているのか?


・どうして富士フィルムが薬を作っているの?


・↑明らかに、得意としているからだろ。






・フイルムは、未来のある事業ではないから、10年ほど前から製薬会社を買収し始めたんだよ。


・大手製薬会社だ。


・コダックに聞いてみると良い。
事業を多様化するのが遅すぎて、倒産してしまった。


・名前に騙されてはいけない。
富士フイルムは、とても強いバイオテクノロジーの基盤を持っている。
日本や世界中のテクノロジーの先端を行く研究機関と強い結びつきを持っている。


エボラに感染している人たちを救ってくれるのなら、富士フイルムだろうが、AKBだろうが気にしない。
彼らがベストを尽くすことを願いたいし、世界の幸運を祈りたい。


http://goo.gl/occjRwhttp://goo.gl/JxyCIn

follow us in feedly