wterterereerer
【3月8日 AFP】インターネット上で公開され、再生回数が1億5000万回を超える大ヒットとなった中国の深刻な大気汚染問題を告発するドキュメンタリー映画が、公開からわずか数日で閲覧できない状態となっている。国営中国中央テレビ(CCTV)のニュースキャスターだった柴静(Chai Jing)氏が自主制作した「穹頂之下(Under the Dome)」は7日午後の時点で、「優酷(Youku)」、「愛奇芸(iQiyi)」など国内の主要な動画サイトのいずれでも視聴不可となっていた。中国版の『不都合な真実(An Inconvenient Truth)』として称賛する人もいる全編103分のこの映画は、動画投稿サイトのユーチューブ(YouTube)では現在も再生が可能。ただ、中国ではユーチューブ自体が遮断されている。先月28日にインターネット上に公開されてからわずか1日で中国本土での再生回数が1億5500万回を超えたこの映画が遮断されたことは、大気汚染問題に関する国民の声に中国共産党が敏感になっていることを改めて示すものだ。 また、中国当局はこの動画を国営の出版物や放送メディアに積極的に取り上げさせる方針をわずか数日前に示したばかりだったが、その方針が突然変わったことも意味している。
海外の反応をまとめました。


動画


・素晴らしい。
これで北京にいる人たちは、スモッグがあることに気付かない。


・そんなことをしてもスモッグが無くなるわけじゃないだろ?
それにしても、中国の人たちが、そのドキュメンタリーを見れたことに驚く。


・ドキュメンタリーが見られなくなったのは、スモッグのせいだぞ。


・最近の各国政府は、国民を情報から遮断するのに一生懸命だね。


・↑最近の各国政府?
いつでもそうだよ。


・公平なことを言うとすれば、俺たちは中国について語っているんだ。


・中国政府によって称賛されたと思ったら、次の日には中国のウェブ上から全て除去される。
何が起きているんだ?


・中国は世界一検閲が厳しい国だ。
驚きはない。


・すごく良く出来たドキュメンタリーだよ。
見る価値はある。





・待ってくれ。
中国ではYoutubeはブロックされているのか?


・↑ああ、Facebookもだよ。


・スモッグは深刻な問題だ。
財布の中を企業から貰う金で一杯にする代わりに、真剣に取り組んで欲しいと思う。


・真実は辛いものだ。
中国の人口が、世界を傷つけている。


・よし!あと2週間で上海に行く!
マスクを用意しなきゃ!


・スモッグに関するドキュメンタリーがブロックされて見ることが出来ないなんて、ちょっと面白いよね。


・不都合な真実か?


・臭い物には蓋をしろってね。
すごく君らしいよ、中国。


http://goo.gl/mgwcuUhttp://goo.gl/k7wtMqhttp://goo.gl/EgnEnvhttp://goo.gl/HRqMXT
深刻な大気汚染の中、北京国際マラソンでマスクをつけて走るランナーたち(海外の反応)

ナンバーによる交通規制に工場・工事の停止・・・APECを控えた中国の大気汚染対策(海外の反応)


follow us in feedly