gew

 体長約1ミリの透明な動物「線虫」が、がん患者とそうでない人の尿のにおいを精度よく識別できたと、九州大などのチームが11日付の米科学誌プロスワン に発表した。検診法として実用化するには課題も多いが、識別には尿1滴で十分といい、安くて簡便な方法になりうるとして注目されそうだ。(毎日新聞)
海外の反応をまとめました。


治療の現場では「がん患者に特有のにおいがある」との声があり、呼気のにおいを調べる「がん探知犬」育成の試みもある。

 チームは、におい分子と結合するたんぱく質が犬とほぼ同数あり、飼育の簡単な線虫に着目。実験してみると、がん患者の尿のにおいを好んで近寄り、 逆にがんではない人の尿は嫌って遠ざかることが分かった。健診で採取した242人の尿を使って調べると、がんと診断された24人のうち、線虫は23人の尿 を選ぶことができた。

 まだ、サンプル数が少なく、がんの種類や進行度による線虫の反応の違いも分かっていないという課題はあるが、既に日立製作所などと実用化に向けた共同研究を開始した。広津崇亮(たかあき)九州大助教は「がんの種類も見分けられる仕組みを目指したい」としている。(毎日新聞)



・これは素晴らしい。
犬の方が可愛いけれど、毎日世界中で何千頭も働かせるのは難しい。
この技術は、かなり大きなものになるかもしれない。


・↑私も同じことを思った。
ペトリ皿に線虫を100匹載せて、彼らに投票させることは可能だ。
日立がこの研究のバックについているから、研究を進めるための資金もある。
精度もかなり良さそうだ。


・彼らは線虫が何に惹かれているのか測定する必要があると思う。
特定の分子に反応しているのでは?
もしそうならば、線虫ではなく、発見用のセンサーを造りだすことが出来るのでは?
それと、我々の体の中には、常にガン細胞はあるけれど、免疫システムがやっつけているのではなかったか?
もしかしたら、この検査法は間違った判定をして、不必要な外科手術に繋がるのでは?



・↑彼らはセンサーを造りだすために、分子を特定するよりも、線虫を使うつもりだと思う。
私たちの体の中に、常にがん細胞がいるなんて知らなかった。
他の検査法同様に、この検査も誤った判定を下すことはあると思う。


・尿検査で、5人の被験者にガンの陽性反応が出たと言及している。
2011年に彼らの尿が採取された時には、ガンの判定はされなかったのに。


・↑論文を見る限り、11にガンの反応があったが、その中で5人はガンが大きくなった。
誤診率は2.8%だ。
比較として言うと、マンモグラフィーの誤診率は7.5%だ。





・素晴らしい発見だよ。
線虫やショウジョウバエの敏感な化学受容器は、電子嗅覚システムの発展に大きな寄与すると思う。


・日本から多くの新しい技術がやってくる。
何故なんだ?
他の国よりも、日本では研究費が使われているの?
それとも日本の進歩は、他の国と変わらない?


・↑日本はたくさん研究にお金を費やしているよ。
韓国もね。
他の国々よりも、かなりの額を使っている。


・線虫により検査だなんて、少しも侵入的な検査のように聞こえないな。


・↑心配するな。
線虫が君の尿のサンプルの中を泳ぐんだよ。


http://goo.gl/4x1ODVhttp://goo.gl/ug5QtKhttp://goo.gl/Nt2roQhttp://goo.gl/BmD7ck

follow us in feedly