rtttt

海外の反応をまとめました。


画像
wrf

ヤング館の前に立つ巨大マネキン"ナナちゃん人形"は名古屋駅の待ち合わせ場所として有名。1973年(昭和48年)、「セブン館」の1周年を記念して設置された。

プロフィールでは、昭和48年4月28日生まれ、身長610cm、体重600kg、スリーサイズはバスト207cm、ウエスト180cm、ヒップ215cmとなっている。素材はFRP硬質塩ビ樹脂。名前の由来は、ヤング館の旧称であるセブン館の「7」から。名鉄百貨店の広報部員である。設置元の名鉄百貨店も含め、当初はスイス生まれ(スイスシュレッピー社製「スカイスクレーパー」。後にイタリアの会社に統合される)としていたが、当時ナナちゃん人形を買い付けた人物の話により、実際はシュレッピー社とライセンス契約を結んでいた東京のマネキン会社ロア社(1994年経営破綻)の製品で、長野県高遠町(現:伊那市高遠町)で製造されたものであることが明らかになった。スイス製になった経緯は「マネキンが目立ったらいいなと思っただけで、製造元にはあまり関心がなかったから」という安直なものであったという。今後、名鉄百貨店の公式サイトでもスイスでデザインされた日本製に改めるとしている。

季節によって様々な服や水着に着替え、行政イベントや、ユニフォーム姿で中日ドラゴンズの応援媒体としても活躍し、着替えた後の姿が地元マスコミで報道される事もある。イベントなどのない場合に無着衣のこともある。

衣装は名鉄百貨店のキャンペーンに関連したもの、あるいは公共の啓蒙活動など社会貢献につながるものに限っており、他からの着せ替え依頼についてはすべて断っていたが2012年4月に「親しまれてきたキャラクター像を壊さないこと」を条件に、一般企業広告の着せ替え(電通名鉄コミュニケーションズ扱い)を解禁した 。(ウィキペディア)


・嫌いだな。


・↑正直、俺も嫌いだと思った。
笑わせてくれてありがとう。


・この悟空はスレンダーマンみたいな感じなのだろう。
俺たちは紙を集める代わりに、ドラゴンボールを集める。
この巨大で奇怪な物が遠のくように。
スレンダーマン(The Slender Man:Slender Man、Slenderman とも)は、2009年にサムシング・オーフル・フォーラムにおいて利用者エリック・クヌーゼン(Eric Knudsen:別名・ビクター・サージ (Victor Surge))が創り出したインターネットミームから生まれた架空(フィクション)のキャラクター。細身で異常に背が高く、黒い背広を着た、無表情ないしのっぺらぼうの男として描写される。(ウィキペディア)

・↑スレンダーマンが流行したときに、俺は軽いPTSDになったよ。


・スレンダーマンが、悟空のコスプレをしている。


・もしかしたら、悟空はゴムゴムの実を食べたのでは?


・こんにちわ、悪夢。


・「アート」。


・こいつには仙豆が必要だ。


・↑仙豆のサンドイッチが必要。


・見てしまった。
見なければ良かった。





・フュージョンを失敗したんだよ。
誰とフュージョンしたんだ?
エヴァ0号機か?


・スレンダー悟空...科学は一体なんてことをしてしまったんだ。


・ヤオミンをマネキンに転用したのか?


・不気味だ。


・胸のシンボルは何?


・↑悟空とべジータは、2人とも「
ドラゴンボールZ 復活の」でこのシャツを着ている。


・日本にある、ただの人形だよ。
Narutoの格好もさせていた。


・仲間のNarutoがここにいる。
ffggg


・実はこれが次の形態だったら?

髪が伸びる代わりに、体が伸びる・・・。
急激な変化に、俺たちが過剰な反応をしないようにしているのでは?


http://goo.gl/rLBj8o

follow us in feedly