fggf
'Whiplash' Becomes Sleeper Hit in Japan
4月17日から日本で公開されている映画「セッション」が異例のヒットを記録しています。
公開から2か月経ち、配給元の
Gagaは上映館数を増やし、8月までの公開が決まりました。
ヒットを期待していなかったために、上映館数を歌舞伎町にあるTOHOシネマズ新宿などに限定していましたが、レビューと口コミにより他の映画館からも需要が出てきました。

海外の反応をまとめました。




・好奇心から去年の10月にこの映画を見た。
すぐに2014年制作の映画の中で、好きな作品になった。
このような成功をおさめる様子が見れて嬉しいよ。


・いいね。
あの映画は素晴らしい。


・たぶんかなり素晴らしい映画だからだろう。


・徹底的に打ち込み過ぎて、自分の生活が滅茶苦茶になる話の映画が、日本でヒットするなんて誰が思った?


・おそらく要求の多いセンパイというテーマが、日本文化と共鳴しているのでは?


・日本もジャズが好きだからね。


・シカゴのこの映画の公開を待っていた。
限定上映で、既に公開から2か月経っていたことに気付いた。
ここにはマーケティングが存在しない。


・↑本当に残念だ。
もっと大規模な公開とマーケティングが必要だ。


・ここ5年間に制作された映画の中で、最も作品の一つ。





・たぶん字幕だろうけど、J・K・シモンズの日本語吹き替えが聞きたい。


・日本には大きなジャズ文化がある。
大ヒットしても驚かない。


・↑公平なことを言うと、私はジャズを聴かない。
でもセッションは、たぶん昨年公開された映画の中で一番好きだ。


・俺が連続で見た唯一の映画だ。
ジャズ好きなので多少偏見があるかもしれないが、パフォーマンスだけでもすごかったよ。


・極東に少しの期間、住んでいるから、どうしてこの映画が反響を呼ぶのか理解できる。
極端な完璧の要求と長時間の努力は、多くの日本人が経験することだ。


予告編


http://goo.gl/nvNhPjhttp://goo.gl/wlUMLD

follow us in feedly