h
日本の分割統治計画(にほんのぶんかつとうちけいかく)とは、第二次世界大戦において、ドイツが降伏後米・英・ソ・仏4カ国に分割統治されたように、本土決戦後の日本も北海道・本州・九州・四国を連合国それぞれが統治しようとした計画。(ウィキペディア)
海外の反応をまとめました。


画像
1


・元々は、ドイツのように戦後の日本をいくつかの地域に分割統治する計画だった。
この計画は、はっきりしない理由で破棄された。


・↑たぶん日本の北部をソ連が占領したら、文字通りの悪夢になっていたからだろう。


・↑理由は不明かもしれないが、推測するのは簡単だ。
1.原爆投下により日本の敗北が早まった。
数年かかると予測されていたことが、数日で終わった。
これによりソ連のような国家が関わることが、著しく制限された。
2.1945年までに、ソ連が自分たちの好きなようにやることは明らかになっていた。
彼らと協力することは、いくら良く見ても困難だ。


・ソ連が日本の北部を占領していたら、どうなっていたのか興味深い。


・↑もし日本人民共和国をテーマにしたもう一つの歴史が描かれたフィクションがないのなら、誰かがすぐに書くべきだ。


・ドイツと朝鮮が教えてくれたものがあるとすれば、これは最悪だ。


・↑赤い部分だけだろ。





・戦時中にかなり残酷だった日本人が中国に与えた危害を考えると、中国が占領する区域がどうなるのか想像できる。


・↑ドイツを占領したロシアを見てみろ。


・↑実は台湾は何十年も日本と良い関係を保っている。


>>ドイツを占領したロシアを見てみろ。
↑ドイツを占領したロシアソ連を見てみろ。

ロシアとソ連は異なる。


北日本と南日本に分かれた世界を想像してみてくれ。


・↑北日本がベストジャパン。



https://goo.gl/eqpfdt

follow us in feedly