e
(ブルームバーグ):コンクリートの起伏がある公園で、地面から数センチのところに浮いているスケートボード。男性が足を乗せると、左右に揺れながらゆっくり空中を進み始める。 トヨタ自動車 の高級ブランド「レクサス」が日本時間5日早朝、ウェブサイト上に公開した映像だ。6月から展開する新たなプロモーションの一環で、約2分間のビデオでは幾度かの挑戦の後、男性がスケートボードを乗りこなして水面を進み、レクサスの車体を飛び越える。 1989年公開の米映画「バック・トゥー・ザ・フュチャー2」で主人公がタイムスリップしてスケートボードで空を飛んだのが2015年の設定。6月の第一弾映像公開時には、「映画が現実のものになった」と世界各国でツィートが相次いだ。以下略
海外の反応をまとめました。



動画


・素晴らしい第一歩だ!
よくやった、レクサス。


・ホバーボードは本物だが、欠陥がある。
実用的とは程遠いけど、出発点だ。
おそらく量子浮揚か何かを使っているのだろう。


・つまり特別に作られたマグネットの地面が必要なの?(ため息)


・これはレールボードか?


・他のと同様に偽物だよ。
本物の道では使えない。


・一体いくらかかるのか想像してみてくれ。


・「おい、マクフライ!そのボードは水の上では動かないぞ!」


・↑明らかに動く。


・↑浮かぶけれど、はずみをつけるために水を蹴ることは出来ない。


・コストが掛かりすぎるけどな。
金属の地面を作らないといけない。
それにあの水の深さは数センチ程度だろ。


・もちろん我々にはホバーボードがある。
2015年だからな。





・また「セグウェイ」タイプの物?
それとも「オーマイゴッド!バック・トゥ・ザ・フューチャーに出てきた」タイプの物?
俺の時間を無駄にしないでくれ。


・レールの上でしか動かないから、本物ではない。


・つまり自分の足で動かす一人乗りの磁気浮上式鉄道か?


↑バック・トゥ・ザ・フューチャーのホバーボードを期待したのか?
現実的になれよ。


・ブランドの宣伝のために、古い科学実験を最先端に見せているだけだな。


・レクサスって最もホバーボードを作りそうにもない自動車メーカーだよね。
マーケティングだ。


・ホバーボードは、どのような表面上でも動くはずだと思っていた。
こういうのってもう既に存在しているのでは?

https://goo.gl/uAPbxehttps://goo.gl/NG2zHzhttp://goo.gl/V9pwGGhttps://goo.gl/o2s1LBhttps://goo.gl/5mD2vAhttps://goo.gl/fXUOG0

follow us in feedly