1
漢委奴国王印(かんのわのなのこくおういん、漢委奴國王印)は、日本で出土した純金製の王印(金印)である。読みは印文「漢委奴國王」の解釈に依るため、他の説もある(印文と解釈を参照)。1931年(昭和6年)12月14日に国宝保存法に基づく(旧)国宝、1954年(昭和29年)3月20日に文化財保護法に基づく国宝に指定されている。ウィキペディア
海外の反応をまとめました。




・俺が5歳児のように説明してくれ。
どうしてこんな宝物が、寺や他に保存されるべき場所ではなく、無作為な場所にある土の中に埋まる羽目になるんだ?


・↑戦争だ。


・↑掘り返された時、金印は石材で作られた箱のような物の中に入っていた。
だから保管の為に埋められていたのだろう。


・盗んだんだろ。
ほとぼりが冷めるまで土の中に埋めて、誰にもそのことを言わなかった。
それから偶然、命を落とした。


・俺も質問がある。
発見した者は、自分の物に出来たのか?
それとも政府に没収されてしまったのか?
没収されたとして、彼は金を貰えたのか?


・↑その国によるだろうな。
イギリスには財宝に関する法令がある。


・↑信じられないくらい不公平な法律だ。
目的は理解できる。
でも発見者は売ることも保有することも出来ない。


・↑ああ、発見したのは彼らなんだから、そのことに関して報酬が支払われるべきだ。
美術館や政府が何時間もかけて発見したわけではない。





・古代には、ヨーロッパ・アメリカ・中国などは出会っていなかった。
それでも金に価値があることを理解していた。
何故だ?


・↑いつまでも錆びずに、太陽と同じ色だからと俺はずっと推測していた...。


・↑エイリアンが金を欲しがっていたからだよ。


・150くらいコメントに目を通したが、誰も重要な質問をしていない。
どれくらいの価値があるんだ?


・西暦54年に良い船を持っていたようだね。
中国と日本の間を旅することができるなんて。


・↑そんなに旅が難しかったのか?


・↑船が中国から日本に到達するのを止める嵐は存在する。
たぶんモンゴルを止めたのと同じ嵐だ。
13世紀に沈んだ「元寇船」が日本の海底で発見?(海外の反応)


・どうやったら、こんな重要な物を無くせるんだよ?


・2000年経っても、彼らはあまり対話しない。


・そしてそれ以降、日本と中国はお互いを嫌っている。


https://goo.gl/mW6glfhttps://goo.gl/qgZlxa

follow us in feedly