3
山形大と東北大の研究チームが米航空宇宙局(NASA)の人工衛星MODISが撮影した画像を解析したところ、中国天津市で12日深夜に起きた大規模爆発 で有害物質を含んだ汚染物質の放出が16日時点も続いている様子がわかった。日本に微小粒子状物質(PM2・5)などの大気汚染物質として風に運ばれ、到 達する可能性もあるとしている。以下略(産経ニュース)
海外の反応をまとめました。



・中国の大気汚染は定期的に太平洋を越えてカリフォルニアに到達する。
この汚染も同じことになるのか?


・わあ!いつアメリカ上空を通り過ぎるのだろうか?


空は一つしかない。


・オゾン層に影響を与えているに違いない。


・如何に爆発が大きかったのか示している。


・大気汚染が地球を破壊している。
あまりの進歩と物質への愛は、間違いなく我々の星と人類を傷つける。


・中国の排出物が地球を滅茶苦茶にしている。
あの大爆発の中にどんな有害物質が含まれているかなんて誰にもわからない。


・アメリカの大気環境にどのような影響を及ぼすのかが疑問だ。
気象は西から東へ移動する。


・呼吸をするな。


・どの国も懸念を示して、教訓を学ぶべき。





・こういうのを見ると、第二次大戦は宇宙から見るとどんな感じだったのだろうかと思ってしまう。
空爆に原爆投下、夜襲・・・すべてが信じられないくらい巨大だったに違いない。


・有毒ガスが海に向かったという中国の主張は嘘ではなかったようだな。
ショックだ。


・事故の記事と動画を目にした日から、どこかの国の気象衛星が爆発の様子を記録していることを望んでいた。
満足したよ。


・↑日本の気象衛星が捉えた爆発の赤外線写真があるよ。
a


・こういう悲劇は大気に影響を与える。
ある程度、地球上のすべての人間に影響を与える。
それなのに愚かな連中はアメリカに到達するかどうかを心配している。


・何がこんな大爆発を引き起こしたのか教えてもらってもいいか?

https://goo.gl/jvGAeChttps://goo.gl/GjUojohttps://goo.gl/K7Rd2m

follow us in feedly