1a
ロシアのプーチン大統領は2日からの中国訪問を前にタス通信と中国国営新華社通信のインタビューに応じ、「欧州とアジアで今日、第二次大戦の歴史を 捏造(ねつぞう)しようとする動きがある」と指摘した。その上で、「(戦争)犯罪者を英雄視しようという国々の動きは、(戦後の)ニュルンベルクと東京の 戦犯法廷の判決への挑戦であり、何百万人もの犠牲者への侮辱としかいいようがない」と述べた。極東国際軍事裁判(東京裁判)を検証しようとする日本の自民 党の動きを念頭に置いた可能性がある。  ロシア大統領府が1日、インタビューの内容を公表。プーチン氏は「歴史の捏造」について具体的に言及しなかったが、「特に第二次大戦前後の出来事についての捏造」と述べた。以下略(毎日新聞)
海外の反応をまとめました。



・そうだな。
中国は共産党があの戦争に参加した振りをして歴史を改ざんする罪をおかしていないからね。
うん、完全に潔白だ。(皮肉)


・あのでしゃばりは、もちろん中国におべっかをつかう。
だって中国の味方だからね。


・プーチンが日本バッシングの流行に乗っかるなんて驚いた。
ある地域では地政学の秩序が固まりつつあるようだ。


・↑帰ってきた冷戦。


・プーチンは戦犯はどういうものなのか知っているんだろう。
大勢のウクライナ人とロシアのマイノリティーの死を目の当たりにしてきたから。


・ああ。ロシアはドイツ占領中にドイツ人を抑圧したり、命を奪ったりしなかったからね。


・また洗脳された人々が、プーチンは悪者だと思っている。


・↑俺の国に来て、「良い人たち」が何をしているか見てみろ。
それから洗脳されているかされていないかを決めろ。





・悲しいことにプーチンは正しい。
日本の歴史修正主義は、アメリカと交わしたサンフランシスコ平和条約の廃棄と見なすことができる。


・キッシンジャーの中国について書いた本には、中露の力関係に関する情報がたくさん載っている。


・プーチンのファンではないが、彼には一理ある。


・ロシアと中国が友人同士だったことは無い。
おそらくプーチンは中国を擁護することで、中国人が書く演説で得をしようと思っているのだろう。



・記事「プーチンはロシアと中国はナチスと共に戦った同盟国だったと語った。
↑ロシアは最初ナチスとお友達だった。
ポーランドを分割した。
それからロシアは第二次大戦を使って東ヨーロッパを制服した。
日本とドイツだけが侵略者だったわけではない。


・それでプーチンは、いつスターリンの犠牲者について謝罪するんだ?

https://goo.gl/5bFKLzhttp://goo.gl/QZLWlfhttp://goo.gl/7kHCTn
ロシア「原爆を投下した米は国際法廷で裁かれるべき」(海外の反応)

follow us in feedly