1
字はその人の性格を表すと昔から言われてきた。だが中には、字は才能でもなんでもない、褒められなくても構わないという人もいる。そんな方に是非とも見ていただきたいのが、中国のメディアが紹介したこの男性の真剣な姿である。
両方の上腕から先を1996年の感電事故で失い、しかし大変な努力の末に素晴らしい書道の腕を発揮するようになった中国・雲南省在住のJiang Shengfaさん(41)。彼は12年前から非常勤講師としてある村の小学校の教壇に立ち、子供たちに正しい字の書き方を教えている。丁寧だと評価の高 い彼の指導力は、自身が腕を失った後、再び文字を書けるようになりたいと必死であった頃の努力の賜物だそうだ。以下(TechinsightJapan)
海外の反応をまとめました。



画像
2

3


・これほどの献身と根気強さには感銘を受けて、鼓舞される。


・この国で些細なことに不満を言う連中は、目を覚まして見習うべきだね。
なんて素晴らしい男なんだ。


・世界には彼のような男がもっと必要だ。


・俺たちの教師はストライキをして、休暇しかとらない。


・分かっただろ?
中国にだって、少しは人間性が残っているんだ。


・彼のように一生懸命働く人間が、世界での国の地位を高める。


・なんて素晴らしい先生なんだ。
生徒たちのことを本当に気にかけている。


・勇気だね。
彼は教師と呼ばれるに値する。





・教育と子供たちのことを気にする本物の教師だ。


・彼は本物の教師だ。
彼の書く中国語は美しい。


・彼の人生にはとても品格がある。


Jiang先生と一緒に学びたい。


・世界最高の先生だ。


・彼は他の教師たちのお手本だと思う。


・挑戦すれば、実現が不可能なことなんて無い。


・彼はそうは思わないだろうが、彼は並はずれた男だよ。

https://goo.gl/wQzfjyhttps://goo.gl/QsuJQChttps://goo.gl/sQgxd0https://goo.gl/EGrMeKhttp://goo.gl/Es9iSQ

follow us in feedly