2
上野動物園(台東区)で飼育する絶滅危惧種のサル、アイアイの雌1匹が繁殖のため英領ジャージー島にある飼育施設に貸し出されることになった。同園で生まれた「アラ」(6歳)=写真・東京動物園協会提供=が10日、現地へ向け空路で旅立つ。  アイアイはアフリカの島国マダガスカルに生息、近年は環境破壊や密猟によって個体数が減少している。繁殖を進める欧米の各施設では、近親交配を避 けるため、相互に貸し出しをしている。アジアでアイアイを飼っているのは同園だけで現在は9匹が飼育されており、貸し出しは初めて。担当者は「繁殖できる よう願っている」と話している。(毎日新聞)
海外の反応をまとめました。




・上手くいくと良いね。
良いニュースを聞きたい気分だ。


・キツネザルが住んでいるのは、マダガスカルだけだと思っていたが?


・日本のキツネザルなどいない。
すべてマダガスカルからやって来た。


・すごく可愛い!きっと上手くいくさ!


・この写真は疲れた時の私みたいだ。


・子供が生まれたら我々に教えてくれ。


・世界の気温が上昇しているから、多くの動物と植物が絶滅する可能性がある。
人類は環境と自然を守るために、地球温暖化がさらに進んで、悪い影響を与えるのを防がないといけない。


・運命の人が見つかると良いね。





・キツネザルは眠ってばかりの動物だ。
一日19時間眠る。


・↑うらやましいな。


・誰が本当に気にするんだ?
どうしてヨーロッパ人は動物に執着するんだ?


・一体どれくらいの人がこの記事を読むのだろうか?
可愛いと思った後に、座ってステーキを食べる。
人間の優先事項は間違っている。
動物を愛しているのに、食べることは出来ない。
種差別だよ。ヴィーガンになろう。
種差別(しゅさべつ、英語: speciesism)とは、ヒト(人間)以外の生物に対する差別である。「性差別」 (sexism) や「人種差別」 (racism) などにならって作られた用語であるが、人間のみを特権づけ他の生物をないがしろにする差別(人間中心主義)は不当だとする、ピーター・シンガーら動物の権利(アニマルライツ)の唱道者らによって主に使用される。(ウィキペディア)

・珍しいキツネザルでいることは、苛立たしいことに違いない。
それにアレンジしたペアは、ほとんどの優れた種で上手く行かない。


・動物にとっては、ストレスが多いだろうな。
だから動物園の動物が子供を産むのは難しいのだろう。

https://goo.gl/X0EszMhttps://goo.gl/7ig8kZ
日本初の象専用のプール!富士サファリパークで泳ぐ象(海外の反応)

follow us in feedly