1
2015年9月9日、AP通信によると、中国が主導して設立するアジアインフラ投資銀行(AIIB)の初代総裁に選出された金立群(ジン・リーチュン)氏が、日本と米国のAIIBへの参加の扉はまだ開かれていると述べた。以下略(レコードチャイナ)
海外の反応をまとめました。




・これはデストラップ(死の罠)だ。


・ああ、地獄への扉が開かれている。
アメリカと日本が足を踏み入れるのを待っている。(笑)


・現在の大統領に対して、我々が唯一持つ望みは中国に降伏しないことだ。


・↑彼がまだ降伏していないか確信が持てない。


・AIIBには日本とアメリカは必要ない。
どうして必要なんだ?
50カ国で十分だよ。


・中国はケーキを食べて、日本とアメリカに皿洗いをさせたいだけだろ。


・↑それの何が悪いんだ?
アメリカは何年もそれをしているだろ。


・どうしてアメリカと日本が、油断のならない中国が運営する銀行への参加を署名したいんだ?





・北京の愚かな連中は、人民元を基軸通貨にしたいのに、アメリカを招いているのか?
自暴自棄だな。


・中国の銀行に参加することを決めたほとんどの国々は、遅かれ早かれ騙されたことに気付くだろう。


・共産主義と自由は共存できない。
どちらかが負けないといけない。


・AIIB=ねずみ講。


・習のアメリカへの訪問を中止にしろ。


・アメリカと日本はAIIBに参加するべきではない。


・もちろん日本とアメリカへの扉は開かれている。
中国の経済は悪化しているからな。


・↑経済が良い時に、どうして日米に対して扉を開くんだ?


・扉を閉めて、南京錠をかけて鍵を捨てろと言いたい。

http://goo.gl/t2U8qdhttp://goo.gl/mB11nZ
AIIBに対抗?日本政府が比に2420億円の円借款(海外の反応)

follow us in feedly