1
英国の保険取引市場ロイズが、今後10年間に見込まれる世界301都市の災害による経済的損失額の推計を発表した。このなかで東京は台北に次いで世界で2番目に損失が大きく、GDPのうち18兆3936億円を失う可能性があることがわかった。
 この調査は、ロイズと英ケンブリッジ大学のリスク研究センターが、過去の自然災害や人口統計から、今後10年間におけるリスクを推計した もの。災害は巨大地震や火山、津波、熱波などの自然災害のほか、感染症や原発事故、国債の債務不履行、サイバーテロ攻撃などの人為的災害も含めて18種類 のリスクについて計算した。 301都市すべての損失額の合計金額はGDPに換算して約549兆4000億円にのぼり、このうち1位は台北の21兆7447億円、次いで東京が18兆3936億円、8位に大阪が入り、9兆5184億円となった。以下略(ハザードラボ)
海外の反応をまとめました。



・忠告してくれてありがとう。


・ああ、ロイズの言うことを聞こう。
彼らは金融危機がやってくることを予想していたからな...。


・それでも私が東京に住むことを止めることは出来ない。


・日本に行こうと思っていたが、悲しいことに今は自分でも分からない。


・それでも東京と東京近郊は、私が今までに訪れたことのあるどの場所よりも安全に感じるよ。


・↑確かに安全だけど、100%安全ではない。


・東京に行くまでは、シドニーが一番安全な都市だと思っていた。
私の町よりも新宿の繁華街の方が安全に感じた。


・たぶんケープタウンの方が安全だろうな。





・台北,東京,ソウル。
皮肉なことに、これらの都市は犯罪率の低い安全な主要都市にもランクインしている。


・↑犯罪率と災害は全く異なるものだ。
人工災害を要因に入れるなら、この地域が戦争になる可能性があるため、台北と東京に高いリスクがあるのは納得がいく。


・どうして台北の方が東京よりもリスクがあるの?
どうしてマニラとソウルがトップ5にランクインしているの?


・ニューヨークは4位か。
我々は大丈夫だな。


・ロイズによると、東京は火山噴火のリスクで2位,熱波のリスクで3位,嵐のリスクで4位、地震のリスクで6位だった。
火山噴火のリスクでこれほど高くて、地震リスクで低いことに驚いたよ。


・本当に安全な場所なんてない。


・みんな、災害なんてどこでも起きるさ。
運悪く出くわすのと同じことだ。
今は東京に住んでいるが、ワシントンDCとローマに住んだことがある。
リスクはどこにだってあるよ。

https://goo.gl/A5Vt8whttps://goo.gl/uDF6mohttp://goo.gl/8DFh5C
東京が1位!大阪が3位!世界で最も安全な都市ランキング(海外の反応)

follow us in feedly