1
 野党の実力行使で予定より半日以上遅れ、17日午前にようやく開催された参院平和安全法制特別委員会。総括質疑を経て安全保障関連法案の採決に踏み切ろうとする与党側に対して、委員長の解任動議などをめぐり、この日も野党側が激しく反発し、大荒れの様相を呈した。 前日の16日は、理事会室の入り口を“人間バリケード”でふさぎ、鴻池祥肇委員長を委員会室に向かわせない作戦で総括質疑開催を見送らせた野党。この日は鴻池委員長らは理事会室には入らず、直接委員会室に向かう作戦で、審議の正常化を図る構えを見せた。これに野党側は激しく反発。特別委は、17日午前9時すぎに開会が宣言されたが「だまし討ち(の開会)ではないか」などと鴻池委員長に詰め寄った。さらに、野党側から出された鴻池委員長の解任動議をめぐり紛糾。野党議員は委員長席を取り囲み、与党側からも「暴力をやめろ」とヤジが飛ぶなど騒然となり、この日も大荒れの展開となった。以下略(産経ニュース)
海外の反応をまとめました。




・あの人たちは彼の為に祈っているのか?


・なんだか悪魔祓いを行っているかのようだ。


・誰にもマナーが無い。


・彼らが何をしているのか理解できない。
あの男が何かを見るのを邪魔しているのか?


・彼の視界を遮っている様子が好きだ。
一体何を成し遂げようとしているのだ?


・こんなことが起きるのはネパールだけかと思っていた。
でもどこでも起きるんだな。


・世界中どこでも政治家は同じだよ。
中国と北朝鮮以外はね。
おっと、中国と北朝鮮に政治家なんていたかな?


・韓国の国会でしか乱闘を見たことが無い。
この乱闘は日本政府にとって悪い予兆だな。


・民主主義のレベル:アジア人。


・少なくとも彼らは試合中のメイウェザーと違って戦う。





・台湾のテレビのシーンかと思った。


・子供のように振舞っているな。


・子供はいつまで経っても子供だ。


・どうして日本人は選挙で自民党を落とさないんだ?


・ただの見せ物だろ。
すべて裏で決まっているのに、野党が面目を保つために行っているだけだ。
偽の劇に夢中になるな。


・アメリカの納税者たちは日本には自分たちで守って欲しいと思っている。
タダ乗りはもう終わりだ。


・少なくとも彼らは頑張っている。


・恥知らずの政治家たちはどこにでもいる。
彼らに人々の心を支配することは出来ない。
我々には新しい政治制度が必要だ。


・自分たちのことをコントロール出来ないのに、どうやって大衆をコントロールするつもりなんだ?


・平和主義者になるかならないかで戦っている。(笑)


・↑ああ、皮肉だな。


http://goo.gl/XTQymshttps://goo.gl/eFvCfGhttps://goo.gl/Wr5fR2

follow us in feedly