2
 ドイツで22年前に発売された曲が今月、ヒットチャート1位に浮上した。ネオナチを批判した曲で、中東などから押し寄せる難民の排斥を求める極右への批判が強まる中、市民活動家が購入やラジオ局へのリクエストを呼び掛けていた。
 パンクバンド「ディ・エルツテ」の「シュライ・ナハ・リーベ(愛への叫び)」は、ネオナチによる移民襲撃が頻発していた1993年に発売。「お前の暴力は愛への叫びにすぎない」とネオナチを糾弾している。
  「ディ・エルツテ」は活動家の運動への支持を表明。曲の収益金を難民支援団体に寄付する考えを示した。チャートを集計した市場調査会社GfKは「ドイツの チャート史上、(長期間を経て1位になった)この曲のような成功例はない」と驚いている。運動は周辺国でも共感を呼び、オーストリアで1位、スイスでも2 位になった。(2015/09/15-07:10時事通信)
海外の反応をまとめました。


動画


・世界最高のバンドだ。


・人々はやがてやってくる国の崩壊を祝いたいんだよ。


・当時は難民を非難する連中は、社会の底辺だった。
今では政府の後ろ盾がある。


・つまりヨーロッパへの難民受け入れを支持しないとナチスになるのか?


・くだらないステレオタイプはもう止めないか?


・公平なことを言うとすれば、とても良い歌だよ。
当時発表された時に、既に人気があって、影響力があった。


・↑もちろんだ。当時のことを良く憶えているよ。


・この歌を聞きながら育った。
ノスタルジアをありがとう。


・単純なことだよ。
我々は彼らを歓迎するためにベストを尽くさないといけない。
でも彼らも我々のルールに従って、我々の生活習慣に適応しないといけない。


・↑ああ、どうなるか見てみよう。





・ネオナチの運動はますます拡大していくだろう。
見ておけ。


・子供っぽい偏見は捨てろ。
少なくともドイツには社会的良心がある。


・皮肉なことにナチスはアラブ諸国と良い関係を持っていた。


・現在の状況とナチスに何の関係があるんだ?
ドイツでは「レイシスト」を意味する一般的な言葉なのか?


・ボーカルマイノリティーだね。
政治的意見を積極的に表明する少数派。声の大きな少数者。(デジタル大辞泉)

・プロパガンダマシーンがフル回転しているな。


・彼らが違う歌を歌いだすまで、そう時間はかからないだろう。
イングランドとフランスを見れば良い。


・ヨーロッパで文明化された国はドイツだけだよ。


https://goo.gl/8Uw6p8https://goo.gl/R6Tv7Yhttps://goo.gl/uSTF0bhttps://goo.gl/xxpB2thttps://goo.gl/izFXc9

follow us in feedly