t
福島第二原発は、メルトダウンを起こした第一原発から直線距離で12km、震源からの距離は、どちらも約180kmと地形的条件に大きな違いはなかった。なぜ、第二原発では第一原発のようなメルトダウンや水素爆発が起きなかったのか? 独占取材に応じた当時の第二原発所長、増田尚宏の証言から、最悪の事態まで「紙一重」だった事態が浮かび上がってきた。そこには、第一原発の悲劇と共に語り継がれなければならない教訓があった。(テレメンタリー)
海外の反応をまとめました。



動画


スレタイ「福島第一原発の南10kmにも津波の被害を受けた原発があり、優秀なリーダーと英雄的な作業員たちの手により、メルトダウンの危機から救われたことを今日学んだ。」


・事故が起きるのを防ぐための手続きは取られたのか?
言い換えると、どうすればメルトダウンを防ぐことが出来たんだ?


・↑津波警報のサイレンが鳴ったら、「スクラム」と貼られたシールを押すんだ。
原子炉スクラム(げんしろスクラム、英: reactor scram)またはスクラム (英: scram, SCRAM) とは、原子炉が緊急停止した状態、または、原子炉を緊急停止させることである。加圧水型原子炉では、原子炉トリップ(げんしろトリップ、英: reactor trip)ということがある。多くの場合、スクラムは、通常の原子炉の停止手順の一部でもある。(ウィキペディア)

・↑核分裂を止めるだけだ。
何年もかけて崩壊熱を取り除かないといけない。
・福島第一よ。どうしてもう少し福島第二のように出来なかったんだ?


・第二原発の方が規則に準じていたようだ。
より津波に近い場所に別の原子炉があったが、最新式であったために被害はなかった。
欲が福島第一を失敗させたんだ。
テクノロジーや英雄的な作業員が欠如していたからではない。


・↑福島原発は規則に準じていた。
規則が十分に安全ではなかったんだ。
事故当時、津波への警戒を再考していた。


・↑じゃあ、同じ規則を持つ原発も爆発するだろうな。


・第二原発の方が新しい設計だった。


・それと運...。





・日本人は原子炉を2つも海外のすぐ側に建設したのか?

私の目にはもはや賢く映らない。


・↑原発を運転するのに、どれくらいの量の水が必要なのか知っているか?


・↑原発の大部分は海岸のすぐ側に建てられる。
建設するには素晴らしい場所だよ。
大きな海がすぐ近くにある。


・公平なことを言うとすれば、福島第一原発の所長と作業員たちも能力があって英雄的だったよ。
それとあの状況で被害を最小限に抑えるために、かなり頑張った。


・福島第二の非常用発電機は、地面ではなく屋根の上にあったのか。


・バックアップ用電源を海抜よりも下の場所に置いて、水浸しにすれば、原発はまずいことになる。


・タイムラインによると、福島第一の原子炉は冷やす準備を始める前に爆発した。
言い換えると、福島第二の原子炉が生き残ったのは、同じくらい急速にオーバーヒートしなかったからだ。
使える発電機があったことも要因の一つだ。


https://goo.gl/BKHMwu
米大手報道局特派員が伝える福島原発の今(海外の反応)

福島の警戒区域で動物の世話をし続ける日本人男性が海外で話題に(海外の反応)

follow us in feedly