5

海外の反応をまとめました。


画像
1


・私が渋谷に行った時もこの猫はいたよ。


・あの猫はスカーフを巻いているのか?
素晴らしい。


・あの猫が家を出る時に、母親が「寒いからスカーフを巻いていきなさい。」と叫ぶ姿を想像した。


・↑日本限定だな。


・渋谷に行って、スターバックスに座り人混みを見るのが好きだ。


・私は8月の終わりに東京にいたが、同じ猫に遭遇した。
6


・↑違うスカーフをしている!


・あの猫は誰かの飼い猫なのか?
スカーフを巻いているから、たぶんそうなのだろう。


・↑あの猫は自分でスカーフを織った。
何はともあれ、我々は日本について語っているんだからね。





・あの猫は禅の悟りの境地に達した様子だな。


・面白い事実:ハチ公の像は2つある。
もうひとつはロードアイランド州ウーンソケットにある。
5


・貴志駅に行くべきだったな。
あそこには猫の駅長がいる。


・「古の時代、猫は神として崇められていた。
人々はそのことを忘れてしまった。
」 by テリー・プラチェット(作家)


・ここにあの猫の名前をニャチ公とすることを証明する。


・あの猫のせいでハチ公の影が薄くなる。


・これは可愛いな。
日本にすごく行きたい。

https://goo.gl/jh8JQ0http://goo.gl/hDcCrc
日本の忠犬ハチ公がついに飼い主と再会(海外の反応)

follow us in feedly