111
ニューヨークの国連本部と言えば、世界中の国々の代表が集まって人権問題の解決や世 界平和の推進を目指して話し合う場所――。しかし今週、そんな理想を裏切る国連の行動が明らかになった。国連機関のインターンで作るグループが、国連本部 前で無給インターン制度の改善を求める抗議行動を行ったのだ。 国際ニュースサイト「バイス・ニュース」の記事によると、「インターン制度 の改善と公平な報酬を求めるイニシアチブ」と名乗るこのグループは25人のインターン、元インターンで構成され、国連前で「人間の輪」を作り、国連の潘基 文(バン・キムン)事務総長にインターン制度の改善に取り組むよう求めている。以下略(ニューズウィーク日本版)
海外の反応をまとめました。



・ああ!なんという皮肉!


・国連はいつでも偽善の先駆者。


・↑サウジアラビアが国際人権委員会議長国に選ばれた時に、私は国連に対する信頼を失った。


・↑それまで信頼していたの?


・↑国連を信じることなんて出来るの?


・だから私は国連のインターンを引き受けなかった。
彼らは私に世界中を飛び回って、最貧国で半年間働くことを期待した。
すべて無償でね。


・国連は笑い者になってしまった。


・国連は国際連盟と同じ落とし穴に落ちることになる。


・アメリカの操り人形である潘基文が、修理不可能になるくらい国連を滅茶苦茶にした。





・私のインターンに悪い考えを吹き込まないでくれよ。


・国連はインターンを徴集しているのか?


・俺には理解できない。
無給のインターンであることを彼らは知っていたんだろ?


・どうして自発的に引き受けた仕事に抗議するんだ?
有給の仕事が欲しいなら探しに行けよ。


・じゃあ、国連で働かなければ良いのでは?


・↑抗議の論点はそこじゃない...。


・国連でインターンが出来るのなら、俺は金を払うぞ。


・これがすべてのインターンの現状だ。


・↑インターンとして年に5000ドル稼ぐ者として言うが、そうではない。


・これは国連だぞ?
偽善は彼らの活動の中で最も重要とされる性質だ。

https://goo.gl/aItcM8https://goo.gl/WQ6SKq
日本の外国人研修制度の闇を描いたドキュメンタリーの予告編(海外の反応)

follow us in feedly